中日新聞ほっとweb ロゴ

  • 第37回
  • 稲葉ピーナツ株式会社 (岐阜県岐阜市)

ピーナツだけじゃない!
創業100周年を迎えた老舗企業の新たなる挑戦。
	白井さん
今回おじゃましたのは、岐阜市の稲葉ピーナツ。長く愛される定番のおつまみやナッツ類から、時代に合わせた商品まで幅広く展開している創業101年目の菓子メーカーです。現在も本社や工場のあるこの岐阜市が、創業の地なんです。私が普段食べているあの商品たちが、地元で生産されていたなんてビックリ!私は名前がナツなので、差し入れにナッツ(ピーナツ)をいただくことがよくあります(笑)。なので、勝手に親近感を抱きつつ、取材に行ってきましたよ!

101年の歴史のなかで「変わったもの」、
「変わらないもの」とは?

元々は手焼きせんべいのお店から、ピーナツ専門メーカーとなり、今ではおつまみやナッツ類、健康志向の商品などにも事業を拡大している稲葉ピーナツ。長い歴史の中でアーモンドなど他のナッツ類の取り扱いを始めたのは30年程前から。ということはおよそ70年もの間、ピーナツ一筋!「一所懸命の味」を大切に、長く愛され続けるスタンダードな商品を作り続けています。昔はお菓子に入れる原料のひとつとして、大手菓子メーカーなどにピーナツを販売する卸が主流だったそう。その後、スーパーなどに並ぶ一般消費者向けの商品の売り上げが伸び、今では自社オリジナルの商品の展開が主流に。時代とともに、どんどん私たちの身近な存在になっていったんですね~。
現在の主力商品は定番の「バタピー」や「ミックスナッツ」。「ミックスナッツ」はナッツの種類がたくさん入っているものが好まれるようになってきているんだそうです。また「梅干しのシート」も売り上げトップに迫る勢いだそう。ピーナツを軸にバリエーション豊かなナッツ類、その他にも栗やプルーンを使った製品など幅広く展開しています。商品の数は全部で200種類ほど!そそこで気になるのは、いったいどれくらいの量のピーナツを扱っているのか・・・ですよね。なんと!社長の答えは「勘定できないくらいすごい量!」とのこと(笑)。取り扱う量が一番多いのはピーナツ。次いで多いのがアーモンドで、月に60トンぐらいの量を取り扱っているそうです!
世の中の美容&健康志向の意識の高まりから、近年ナッツ類が注目され、年々売り上げが伸びているので工場も大忙し。ロングセラーの定番商品に加え、植物油脂や塩を使わない素煎りナッツの人気が急上昇したり、業界としても絶好調だそうです!
  • 社長のいまのお気に入りは、カシューナッツなんですって!

  • ロングセラー商品のミックスナッツ!写真を撮ったあとに、美味しく頂きました☆

  • みんな大好きなのり塩バタピーと、こどもにも大人気のアーモンドフィッシュ!美味しくて栄養もあるなんて最高です。

  • どちらも衣がかかった豆菓子ですが、衣の厚さが違うんです!うすがけ、あつがけと言うそうですよ~

時代の流れを読んだ商品開発と、
愛が詰まったヒット商品

健康志向の時代の流れに合わせて新たな商品の開発にも力を入れていらっしゃいます!その一つが「ナッツ好きの7種類ミックスナッツ」。よりこだわったミックスナッツを作りたいという想いから、厳選した素煎りナッツ7種類を入れた商品。7種類にした理由は、ずばりラッキー7。縁起の良い数字にしたかったからなんですって(笑)。そして、7袋入っていて1週間分がセットになっているのもポイント。毎日手軽に食べられるようになっています。糖質をケアしてくれる商品でもあり、1袋あたりの糖質はなんと2.6g!ヘルシーさも嬉しいところですが、もちろん美味しさにもすごいこだわりが。食塩も植物油脂も不使用のため、素材の美味しさが重要。そのため原材料にとことんこだわり、ナッツの種類ごとにカルフォルニアやオーストラリア、ベトナムなどの国から仕入れています。年に1度は現地を訪れ、どのように栽培されているかのチェックも怠りません。また、カリッとした食感を大切にするために、ナッツの種類によって焙煎の時間や温度を変えていて、それぞれがベストバランスになるように工夫されています。そのまま食べるのはもちろん、サラダやヨーグルトにトッピングしたり、はちみつに漬けたり、トーストにのせて食べたりするのもおすすめです!
そしてもうひとつ、稲葉ピーナツの注目株「梅干しのシート」は、今年で発売10周年。食べるときに音がせず、もぐもぐ感も出さずにオフィスなどで食べられるおやつを…という要望から開発された画期的な商品。適度な薄さと口溶けを追求し、2センチ×4センチというサイズにたどりつくまで、何度も試行錯誤を重ね、口に入れた瞬間から梅干しの風味と幸福感が体いっぱいに広がるように開発されました。パッケージも細かく工夫されていて、ネイルをしている女性でもチャックの部分が開けやすいように設計されていたり、本当にうれしい気配りがいっぱい!美味しいだけでなく、持ち歩いているだけでも幸せを運んでくれるお守りのようなおやつです!女性人気はもちろん、アジアをはじめとする海外の方からの人気もあるそうで、SNSにもアップされていたり、お土産としても大人気なんだそうですよ。
  • 素材へのこだわりがしっかりと伝わるナチュラルなイメージのパッケージ。ナッツのレイアウトも細かく決めたそうですよ!

  • 商品部のみなさん!優しくてユーモアがあって…こんな素敵なみなさんが開発されているから長く愛される商品ができるんですね!

  • 小さなハートが見えますか?これを見つけたらハッピーになること間違いなし!

  • これまで生産した「梅干しのシート」の総枚数を全部繋げると、なんと!地球2周分になるそうです!

白井奈津の体験後記

白井奈津の体験後記アイコン
今回お話を聞いて一番びっくりしたのは、数多くの商品を製造されているにもかかわらず手作業でつくられている部分があるところ。例えば、衣がかかった豆菓子は職人さんが手作業で衣をかけているんです。また大人気の「梅干しのシート」も原料の梅干しから種を取り除く作業はすべて手作業。それだけの手間とこだわりで作られている商品だからこそ長く愛されるんですね~。また、社員のみなさんは、やはりよくナッツを食べるそうで、お肌の綺麗な方が多いんですって!それはいいこと聞いちゃいました・・・。私もこれから毎日食べよっと!!!
白井奈津の体験後記

ナッツ一粒一粒がごろっと大きくて、カリッと噛むと甘みと香ばしさがふわぁ~っと広がるんです!美味しすぎる~。

COMPANY DATA

稲葉ピーナツ株式会社
https://www.inaba-p.co.jp/

1918年創業のピーナツ・ナッツ専門メーカー。世界各国から厳選した素材を集め、落花生など各種ナッツ、大豆、ドライフルーツ、干し梅などの美味しさを最大限に生かした商品を製造販売しています。

  • 佐井祐里奈プロフィール
  • 白井奈津

    愛知県名古屋市出身。ラジオ、テレビのリポーター、ナレーション、イベントの司会など、マルチに活躍。

中日新聞では人材育成を目的とした、法人へのサポートを行っております。
詳しくはコチラから。