中日新聞ほっとweb ロゴ

Report
No.43

手焼きせんべい職人 (善次郎せんべい 平野屋)

手焼きせんべい職人(善次郎せんべい 平野屋)
江戸末期から続く手焼きせんべいは
パリっとした食感と香ばしさが絶品です!
咲良 菜緒
ドラゴンズブルー
咲良 菜緒
今回のリポーター
第43回目の訪問先は、文久二年(1862年)から手焼きせんべいを作り続ける「善次郎せんべい 平野屋」です。名古屋では珍しい手焼きせんべい専門店の歴史やこだわり、せんべいの食べ比べまで、咲良 菜緒がリポートします!

5代続くせんべい専門店の
歴史やこだわりを教えてください!

今回のリポーターは、小さい頃からせんべいが大好きななおちゃんです。外出自粛期間中はよく落雁を食べていたというなおちゃんを、5代目の善次郎さんが出迎えてくれました。お店があるのは、愛知県名古屋市西区の閑静な住宅街の一角。「ここに手焼きせんべい専門店があるなんて、知らなかったよ!」と驚きながらも、「お店の歴史を教えてください!」とさっそく取材をスタート。「創業は江戸の末期。足立郡千住(現在の東京都足立区)で、初代・善次郎の実家が茶店を営んでいたことが始まりです」(5代目)。初代の母が売れ残った団子を捨てるのはもったいないと、団子をめん棒でのばし、乾かして焼いたところ、これが美味しいと評判に。「当時は塩のみのシンプルな味付けでした。初代・善次郎はせんべいを入れたカゴを背負い、吉原の遊廓まで売りに出かけたそうです」(5代目)。「『もったいない』という気持ちから生まれたせんべいなんだね。初代のお母さんは、すごいなぁ」と、頷くなおちゃん。その後、3代目が移り住んだのが名古屋でした。移転後も手焼きせんべいを焼き続け、4代目の時に広小路伏見の交差点近くに店を構えます。「店があった広小路通はとても賑やかで、広小路通を散歩することを当時は『広ぶら』なんて呼んでいました」(5代目)。近くの御園座で観劇を楽しんだ人が土産に購入するなど、店には大勢の人が訪れます。現在の西区に移転をしたのは、平成元年(1989年)のこと。入居していたビルの建て替えによるものでした。「大通り沿いから住宅街に移転しても、わざわざ買いに来てくれるお客さまがいる。その期待を裏切らないためにも、いまも昔と同じ『純米手焼』を守り、合成保存料や着色料、人工香料不使用でせんべいを焼き続けているんですよ」と話す5代目になおちゃんは「そもそもせんべいは何からできているの。お米かな?もち米かな??」。「当店のせんべいはうるち米100%。皆さんが普段食べているお米と同じです。でも関西ではもち米を使って、かきもちやあられがつくられているんですよ」(5代目)。お米がせんべいになるまでの工程や、職人のこだわりなど、しっかりと取材をしたなおちゃん。最後に「職人としての喜びは?」と尋ねると「お客さまの『美味しい!』のひと言が、何よりの励みです」と笑顔で答えてくれました。
  • 店舗兼工房で5代目と。「今日はよろしくお願いします!」

    店舗兼工房で5代目と。「今日はよろしくお願いします!」

  • 商品名の裏話など、茶目っ気たっぷりに話す5代目。「大作のエピソード、面白い!!」

    商品名の裏話など、茶目っ気たっぷりに話す5代目。「大作のエピソード、面白い!!」

  • 「一枚一枚手焼きされたせんべい、どれも美味しそう!醤油や塩、砂糖も捨てがたいなぁ〜」

    「一枚一枚手焼きされたせんべい、どれも美味しそう!醤油や塩、砂糖も捨てがたいなぁ〜」

  • 「メッセージ付きの巨大せんべいは、贈り物におすすめ。私も欲しいっ!」

    「メッセージ付きの巨大せんべいは、贈り物におすすめ。私も欲しいっ!」

自慢の手焼きせんべいの食リポに挑戦!

  • 「職人さんが手焼きしたせんべいの食リポに挑戦します!」

    「職人さんが手焼きしたせんべいの食リポに挑戦します!」

  • 「まずは、看板せんべいの『大作』から。代々受け継がれた醤油ダレの1枚です」

    「まずは、看板せんべいの『大作』から。代々受け継がれた醤油ダレの1枚です」

  • 「袋から出すと、すぐに醤油の香ばしい香りが!これは美味しい予感……」

    「袋から出すと、すぐに醤油の香ばしい香りが!これは美味しい予感……」

  • 「めっちゃ、美味しい!!醤油の辛さとお米の甘さ、それにこの食感!」

    「めっちゃ、美味しい!!醤油の辛さとお米の甘さ、それにこの食感!」

  • 「次は、砂糖とブラックペッパーの2種類を。甘いのもピリっと辛いのも大好き!」

    「次は、砂糖とブラックペッパーの2種類を。甘いのもピリっと辛いのも大好き!」

  • 「海苔も風味豊かで、どれだけでも食べられちゃう!」

    「海苔も風味豊かで、どれだけでも食べられちゃう!」

体験の様子を動画でもCHECK!

取材後記
取材に体験に一生懸命がんばった
なおちゃんの感想は……?
アザーカットで奮闘の様子をチェック


企業情報

善次郎せんべい 平野屋

文久二年(1862年)の創業以来、江戸前の「純米手焼」にこだわり、一枚一枚せんべいを手焼きする。うるち米の風味に秘伝のタレの相性のよさはもちろん、海苔、胡麻、昆布、海老、生じそなど、厳選した素材の風味を生かした一枚にファンも多い。

【住所】愛知県名古屋市西区児玉1-13-23
【電話】052-531-5113
【営業時間】9:00〜18:00
【定休日】日曜(祝祭日は営業)
【HP】https://zenjiro-senbei-hiranoya.com/

SHACHIプロフィール

TEAM SHACHI

スターダストプロモーション内スターダストプラネット所属、愛知県出身の秋本帆華、咲良菜緒、大黒柚姫、坂本遥奈 からなる女性グループ。
前身グループである「チームしゃちほこ」から、2018年10月23日にチーム名を変更。「super tough strong energy positive exciting soul from nagoya」を掲げ、Zepp Nagoyaにてフリーライブを敢行しライブデビューを果たす。

【オフィシャルサイト】
https://teamshachi.nagoya/