中日新聞ほっとweb ロゴ

Report
No.41

鯉のぼり職人 (ワタナベ鯉のぼり株式会社)

鯉のぼり職人(ワタナベ鯉のぼり株式会社)
江戸時代から続く伝統文化、
鯉のぼりの製作現場におじゃましたよ!
秋本 帆華
手羽先キミドリ
坂本 遥奈
今回のリポーター
第41回目の訪問先は、愛知県岡崎市にある「ワタナベ鯉のぼり株式会社」。明治37年(1904年)の創業以来、鯉のぼりを100年以上作り続ける老舗メーカーです。その歴史やこだわり、地元発祥の「三河のぼり」について、坂本 遥奈がリポートします!

どうしてこどもの日に
鯉のぼりを飾るんだろう?

今回、リポーターのハルちゃんが向かった先は、愛知県岡崎市福岡町にある「ワタナベ鯉のぼり」の工房です。さまざまな鯉のぼりが展示される工房で、3代目の渡辺要市さんが出迎えてくれました。街で鯉のぼりを見かけると、なぜかワクワクしちゃうというハルちゃんが、さっそく「鯉のぼりって、なぜこどもの日に飾るんですか?」と取材をスタート。
「鯉のぼりは江戸時代からの風習で、男児の健やかな成長と健康を願い、端午の節句(5月5日)に飾るものです。江戸時代、武家は武者のぼり、町人は鯉のぼりを飾ることが多かったようですよ」(渡辺さん)。「すごい!鯉のぼりって、江戸時代から続く文化なんだね!!」とハルちゃん。「ワタナベ鯉のぼりの創業は明治37年(1904年)。ここ愛知県岡崎市福岡町は、江戸時代に職人の町『三河国土呂』として栄えた場所です」(渡辺さん)。岡崎市は古くから繊維業が盛んで、三河木綿が身近にあったこと。神社仏閣が点在し、旗や幕を染める職人が多くいたこと。矢作川水系のきれいな水が豊富にあることなど、鯉のぼりの製作に適した環境が整っていたため、全国的にも有数の産地だったそうです。「多い時では10軒近くの工房が伝統的な『三河のぼり』を製作していましたが、戦後のベビーブームでの需要拡大をきかっけに、ナイロンなどの合繊を使用した鯉のぼりに移行していきました」(渡辺さん)。「よく見かける鯉のぼりはツルツルとした生地だけど、昔は綿生地を使って作られていたんだね」(ハルちゃん)。
大量生産でき、安価な合繊プリントが主流となる中、平成11年(1999年)に95周年を迎えたワタナベ鯉のぼりは、伝統的な鯉のぼりを復活させます。「職人が伝統的な手描き本染技法で仕上げた鯉のぼりは、温かみのある逸品ですよ」(渡辺さん)。昔ながらの素材や技法にこだわって作った鯉のぼりは「手描き 本染め 鯉のぼり 天」と名付けられ、鯉のぼり以外にも掛け軸や屏風などを展開。「掛け軸や屏風は、インテリアとしてもとってもオシャレだね!」(ハルちゃん)。最後に、鯉のぼりに対する思いを尋ねると「いつの時代も、子どもに対する親の思いは変わりません。伝統を受け継ぎながらも、時代に求められる新しい鯉のぼりを作り続けたいです」(渡辺さん)。「これから街で鯉のぼりを見かけたら、両親に感謝しますね!」(ハルちゃん)。
  • 3代目の渡辺要市さんと。「今日はよろしくお願いします!」

    3代目 渡辺要市さんと。「今日はよろしくお願いします!」

  • ライフスタイルに合わせて、ワタナベ鯉のぼりではさまざまな鯉のぼりを製作。「お部屋の中に飾れるって、すごいアイデアだね!」

    ライフスタイルに合わせて、ワタナベ鯉のぼりではさまざまな鯉のぼりを製作。「お部屋の中に飾れるって、すごいアイデアだね!」

  • 「『手描き 本染め 鯉のぼり 天』の掛け軸は、色も鮮やか。全て手描きだなんて、すごいね!」

    「『手描き 本染め 鯉のぼり 天』の掛け軸は、色も鮮やか。全て手描きだなんて、すごいね!」

  • 「天井から吊り下げるモビールタイプも!ゆらゆら揺れて、とってもかわいい!」

    「天井から吊り下げるモビールタイプも!ゆらゆら揺れて、とってもかわいい!」

  • 三河地方伝統の武者のぼりは、迫力ある絵柄と色が特徴です。「それぞれの絵柄には物語があるんだって!」

    三河地方伝統の武者のぼりは、迫力ある絵柄と色が特徴です。「それぞれの絵柄には物語があるんだって!」

鯉のぼりの染め付けを体験!

  • 伝統的な本染技法で、鯉のぼりのウロコに色を付けます!

    伝統的な本染技法で、鯉のぼりのウロコに色を付けます!

  • ボカシにも挑戦するって、そんな難しいことできるかなぁ……。

    ボカシにも挑戦するって、そんな難しいことできるかなぁ……。

  • えぇ〜ん!ウロコが細かすぎて、超難しいんですけど!!

    えぇ〜ん!ウロコが細かすぎて、超難しいんですけど!!

  • はみ出ないように、慎重に、慎重に……(手がふるえるよぅ)。

    はみ出ないように、慎重に、慎重に……(手がふるえるよぅ)。

  • 見てみて!わかるかな??黒のグラデーションのできあがり!

    見てみて!わかるかな??黒のグラデーションのできあがり!

  • 初めてにしては上出来だって、ほめられちゃった(てへっ!)。

    初めてにしては上出来だって、ほめられちゃった!(てへっ)。

体験の様子を動画でもCHECK!

取材後記
取材に体験に一生懸命がんばった
ハルちゃんの感想は……?
アザーカットで奮闘の様子をチェック


企業情報

ワタナベ鯉のぼり株式会社

明治37年(1904年)創業の鯉のぼりメーカー。伝統的な技法を用いた鯉のぼりはもちろん、マンションにも気軽に飾れる室内用鯉のぼりなど、さまざまなスタイルの鯉のぼりや武者のぼりを製造・販売しています。
江戸時代から続く技術を未来へつなぐ鯉のぼり「手描き 本染め 鯉のぼり 天」、江戸時代の浮世絵師、安藤広重が描いた鯉のぼりをイメージした「手描き本染め鯉のぼり 広重鯉」などは、スタイリッシュで贈り物としても人気です。

【住所】愛知県岡崎市唐沢町1-14
【電話】0564-21-8374
【HP】http://www.noboriyakobo.co.jp/

(工房兼店舗)
【住所】愛知県岡崎市福岡町字西後田10
【電話】0564-51-9103

SHACHIプロフィール

TEAM SHACHI

スターダストプロモーション内スターダストプラネット所属、愛知県出身の秋本帆華、咲良菜緒、大黒柚姫、坂本遥奈 からなる女性グループ。
前身グループである「チームしゃちほこ」から、2018年10月23日にチーム名を変更。「super tough strong energy positive exciting soul from nagoya」を掲げ、Zepp Nagoyaにてフリーライブを敢行しライブデビューを果たす。

【オフィシャルサイト】
https://teamshachi.nagoya/