• Report
    No.23
  • 和凧職人 (凧茂本店)

八丁味噌職人
江戸末期から続く和凧工房で
職人さんの話を聞いたよ!
  • 大黒柚姫
  • 今回のリポーター
第23回目の訪問先は、国の伝統工芸品でもある和凧を作り続ける「凧茂(たこも)本店」。名古屋城からほど近い場所にある工房で、和凧がどのようにつくられているのか…。
「凧を揚げるのは幼稚園ぶり!」なリポーター、大黒柚姫がはりきって取材します!

和凧っていつ頃から作られているの?
江戸時代の子どもも遊んでいたのかな??

美濃路街道沿いに工房を構える凧茂本店では、5代目店主の山田さんがゆずきちゃんを出迎えてくれました。「よろしくお願いします!」。 さっそく、和凧の歴史から取材をスタート!「凧は、約800年前に中国から伝来したと伝わります。戦国時代には、のろし代わりや味方の居場所を知らせる戦具として活躍したんですよ」(山田さん)。「えっ!最初は遊び道具じゃなかったんだね」。その後、凧は江戸時代に入ると武士の子の玩具(おもちゃ)となり、中期には町民にも広まります。さらに山田さんからは、こんな話も…。「愛知県で大凧が作られていないのは、昔名古屋城のシャチホコのウロコが盗まれたからなんですよ」(山田さん)。「えっ、どうして?」。正徳2年(1712年)、柿の木金助が大凧に乗ってシャチホコのウロコを盗んだという事件以降、名古屋城を中心とした十里(約40km)圏内では、大凧を揚げることが禁止されたと言われています。「大凧に乗ってウロコを盗むなんて、ビックリ!!」。
続いて、2階の工房で和凧作りを見学します。「和凧は和紙、竹、綿糸の3つの材料でできています」(山田さん)。凧茂本店では、絵付け職人さんによって色付けされた美濃和紙を3年間寝かせて使用。「和紙を寝かせることで、より丈夫な和凧ができあがるんですよ」(山田さん)。「こだわりだね!」と納得するゆずきちゃん。息子さんが和紙に竹を張る作業にも、釘付けになっていました。
取材の最後に、これから凧揚げに挑戦するゆずきちゃんに山田さんが「凧を揚げる時は、飛行機の離陸と同じ。少し凧を前に寝かせてから、勢いよく走るとよく揚がりますよ」とアドバイスをくれました。「これでバッチリ揚がるはず。15年ぶりの凧揚げに行ってきます!」
  • 「よろしくお願いします!」

  • 「この角凧には、6本の竹が張られているんだよ」(山田さん)。

  • 「フムフム……。凧も奥が深いんだな」と感心するゆずきちゃん。

  • 「2階の工房で和凧づくりの現場を見学するよ」

  • 「やっぱり職人技はすごいね!」

  • 六角凧の完成です。「この龍ってカッコイイ!」

  • 「よっしゃ、行くよ!凧をしっかり持っていてね」

  • 「どう、揚がってる?」と全力で走るゆずきちゃん。

  • 一回目のチャレンジは、凧がクルクルと落下して失敗…。

  • 次はアドバイスに従い、飛行機をイメージして再チャレンジ。

  • 「うわ~スゴイ!空高く揚がったよ!」

  • 「15年ぶりの凧揚げ、とっても楽しかった~」と大満足!

取材後記
取材に体験に一生懸命がんばったゆずきちゃんの感想は……?
アザーカットで奮闘の様子をチェック
他では見れないメンバーの表情だよ!
読者プレゼント
取材中のメンバーを撮影した貴重なポラロイド(サインとメッセージ入り)を3名にプレゼント!
郵便はがき、または本ページ内の応募フォームよりご応募ください。
応募フォームの場合
こちらからご応募ください。
応募締切:2018年4月24日(火)(23:59まで有効)
多数のご応募お待ちしております!
※当選者の発表は発送をもって代えさせて頂きます。
郵便はがきの場合
郵便はがきに
(1)郵便番号 (2)ご住所 (3)お名前(フリガナ)
(4)年齢 (5)電話番号
(6)『チームしゃちほこのおしごと見聞録』の感想をご記入の上、下記の宛先までご応募ください!
■宛先
〒460-8511
愛知県名古屋市中区三の丸一丁目6番1号
中日新聞社販売局 お客さまセンター
中日新聞ほっとWeb
「チームしゃちほこのおしごと見聞録プレゼント」係

■応募締切
2018年4月24日(火)(当日消印有効)
企業情報

凧茂本店

和凧の一大産地である名古屋で、江戸末期に創業した老舗。創業当時からの技術を受け継ぎ、国産竹の骨組みに手すきの美濃和紙を手作業で張る。干支のイラストが描かれた干支凧が人気で、毎年年末になると大勢の人が買い求める姿が見られる。

【住所】愛知県名古屋市西区押切2-2-10
【電話】052-522-5261

しゃちこほプロフィール

チームしゃちほこ

スターダストプラネット所属、名古屋を拠点に活動するアイドル5人組。2012年4月名古屋城にて路上デビュー。
2016年には5公演5万人を動員する大型ライブ計画"VICTORY YEAR"を発表。幕張メッセ2DAYS、日本武道館、横浜アリーナで単独公演を実施し、2017年3月21日には、かねてからの彼女たちの目標であった地元名古屋の日本ガイシホールでの単独アリーナ公演をSOLD OUTさせた。
2017年春、新たなスローガン"ROAD to ナゴヤドーム前矢田"のもと、ナゴヤドーム単独公演を目標に名古屋を拠点に全国で活動中。

●チームしゃちほこ 8th シングル『JUMP MAN』(ジャンプメ~ン)
2018年2月28日(水)発売
http://wmg.jp/syachihoko/jumpman
http://syachilive.jp/syachimoude2018/

【チームしゃちほこのオフィシャルサイト】
https://team‑syachihoko.jp/