中日新聞ほっとweb ロゴ

中日新聞ほっとWeb HOME > 遼河はるひの美食リポート > ブック&カフェ (天狼院書店「名古屋天狼院」)
  • 第53回
  • ブック&カフェ (天狼院書店「名古屋天狼院」)

読書の先の体験ができる!?
ブック&カフェが名古屋初出店。
遼河さん
2020年9月、名古屋の真ん中にオープンした「RAYARD Hisaya-odori Park(レイヤード ヒサヤオオドオリ パーク)」。南北に約1km続く公園に、レストランやアパレルなど計35店舗が出店。新しいランドマークとして、連日大勢の人で賑わっています。その最北、外堀通の目の前に誕生したのが、天狼院書店「名古屋天狼院」です。聞くところによると……書店なのにさまざまな体験ができるんですって。どんなお店なのかしら〜!

芝生の上をのんびり歩きながら、
お店に向かいます。

2019年1月からリニューアル工事を行っていた名古屋・栄の久屋大通公園が、9月18日にオープンしました。公園内に立ち並ぶ建物には、22の名古屋初出店を含む35店舗が入り、ゆっくりと見て歩くだけでも面白い!その中から今回、私が紹介するのは、天狼院書店「名古屋天狼院」です。こちらは、2013年に1号店を東京池袋にオープンし、その後も各地で注目を集める天狼院書店の9店舗目。「READING LIFE」をテーマに、読書の先の体験も提供してくれるちょっと変わった(!?)書店です。ところで、読書の先の体験とは??と疑問を抱きつつ、ケヤキの木に囲まれた公園を進むと、テラス席のあるお店が見えてきました。
店内には、厳選された5,000冊以上の本や雑誌がズラリと並びます。心惹かれるタイトルばかりですが、まずは忘れちゃいけない“美食リポート”から。さっそく、カフェスペースで、おなかを満たすことにしましょう!メニューを見て、真っ先に気になったのが「元彼が好きだったバターチキンカレー」(単品880円)。元彼って誰?と思いながら、注文カウンターに置かれた冊子を読んで納得。そっかぁ……このカレーの誕生には、そんなエピソードが隠されていたんですね。私と同じく、気になる方はぜひ冊子をチェックしてください。
  • 店の前に広がるケヤキヒロバでは、青空読書会やマーケットなどのイベントも予定されています。

  • 入り口正面には「今月のPOWER PUSH(おすすめ)」が並ぶコーナーと、カフェの注文カウンターが。

  • スパイスをオリジナルで配合した本格的なバターチキンカレー。スタッフの皆さんの間でも大人気なんですって!

  • ターメリック、コリアンダー、クミン、パプリカ、レッドペッパー等々。身体にじんわり染み入る美味しさです。

仕掛けがいっぱいの店内に、
ついつい長居しちゃいそう……。

続いて、気になる店内を散策します。入口すぐ左手に広がるイベントスペースの壁には、ビジネス書の新刊がズラリ。毎月出版社から持ち込まれる新刊の中から、スタッフが厳選したNEW FACEが並びます。日々新作が登場するので、このコーナーをチェックするだけで、ビジネス書の最先端が把握できますね!そのほか、絵本や小説なども並ぶイベントスペースのもう一つの役割は、そう「読書の先の体験」です。本の著者によるビジネスセミナーや読書会、プロカメラマンが指導するモデル撮影会など、さまざまなイベントを予定しているそう。つまり……写真をうまく撮りたいと思っている人にとって、ここは参考書が並ぶだけでなく、実際にプロカメラマンのレッスンが受けられるのです。なるほど!本を読んで得た知識をその場で実践することができるんですね。イベントが開催されていない日は、購入した本を読むスペースとしても利用できます。
店内にはテーマごとに魅力的なタイトルがたくさん並ぶ中、ひときわ気になる黒いカバーに覆われた本を発見。タイトルも著者名も秘密のその本は「天狼院秘本」。購入するまで中身がわからないのですが、購入した後も他言は無用。返品もできません。中身のわからない本を買う人なんているのかしら?と思ったあなた! ぜひ、店頭のPOPを読んでみてください。思わず手に取ってしまうこと、間違いなしです。
  • 厳選された本の数々から私が手に取ったのは『殺し屋のマーケティング』。ちょっと気になるタイトルでしょ!

  • 本に精通した店主が「本当は独り占めしたい」とまで惚れ込む秘本は、シリーズ累計で7,400冊を販売しています!

  • 店先に置かれたブックワゴンをチェックすると、おすすめの書籍やイベント情報がわかりますよ!

  • ...

遼河はるひの体験後記

遼河はるひの体験後記アイコン
電源やWi-Fiが完備されたカフェスペースは、オープン以降、読書、仕事、勉強、そしてクリエイティブな作業をする人々で賑わっているそう(必ず何かオーダーしてくださいね)。テラス席は、広々とした芝生越しに新しくなった名古屋テレビ塔を眺められるなど、最高のロケーションです。11月にはライティング・ゼミ、カメラや動画の講座、そのほかビジネス系のゼミやイベントを数多く予定しているそうなので、気になる方はぜひHPをチェックしてくださいね。温かいドリンク片手に、芝生の上で読書なんてのも素敵だなぁ〜!
遼河はるひの体験後記

開放感あふれるテラス席も素敵です。

SHOP DATA

天狼院書店「名古屋天狼院」

http://tenro-in.com/

【住所】愛知県名古屋市中区丸の内3-5-14先
【電話】052-211-9791
【営業時間】 10:00〜22:00
【定休日】RAYARD Hisaya-odoriParkに準ずる

※価格は税込表記です。

  • 遼河はるひプロフィール
  • 遼河はるひ

    愛知県名古屋市出身。元宝塚歌劇団・月組男役スター。高校生の時に初めて観た宝塚に魅せられ、1994年、宝塚史上もっとも倍率の高い年に宝塚音楽学校に入学。1996年、宝塚歌劇団入団。
    数々の舞台を経て、2009年退団。退団後は、女優・タレントとして活動。バラエティ番組にも多数出演し、活躍の幅を広げている。

    舞台 『アニー』(2016年)
    『エリザベート』(宝塚歌劇団2009年)
    映画 『はなちゃんのみそ汁』(2015年)
    ドラマ 『癒し屋キリコの約束』(2015年)