中日新聞ほっとweb ロゴ

河合塾

新しい学習指導要領で教育は
どのように変わるのか。
長年、子どもたちの学びに携わっている
河合塾の講師陣から、
小学生の「学びの今」について、
教科ごとに現場の声をお伝えします。

第5回:
新しい学習指導要領のポイントを
わかりやすく解説!
〜英語編〜

河合塾 英語科講師

濱田 昌志 先生

河合塾で長年教鞭をとり、多くの小学生・公立中学生・私立中学生を指導してきたベテラン講師。また、小学・中学グリーンコースの教材作成も担当し、高校受験合格に導く質の高いオリジナル教材を数多く執筆している。
2020年度から小学校の学習指導要領の改訂が全面実施されるにあたり、
河合塾 英語科 濱田昌志先生が解説します。

menu1
変化する英語教育

 2020年度からの教育改革においていろいろな教科の中でいちばん話題となっているのが英語です。大学入学共通テストでの民間試験導入こそ見送られましたが、今後は思考力、判断力、表現力が求められ、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的に育成することを目指すという学習指導要領の方針は変わっていません。これからのグローバル化社会に対応できるようにと、コミュニケーション能力の育成には特に重点がおかれています。このような情勢から、「英語ができる=将来の成功につながる」と多くの人々が考えるようになり、子どもの習い事と言えば、とりあえず英会話とプログラミングといっても過言ではないでしょう。幼少から英語を学習させ、英会話教室に通わせ、とにかく英検をとって…と焦ってしまう保護者の方も多いかと思います。

menu1
小学英語

 では実際、小中学校ではどのような英語教育がおこなわれているのでしょうか。2020年度から小学5・6年で英語が教科化されました。どのように授業をすすめ、評価し、成績を出していくのか、いろいろと試行錯誤がなされていると思われます。
 小学校でどのような学習をしているのか、以下の例を見てみましょう。
NEW HORIZON Elementary English Course 6
 大人から見ると、一般動詞・be動詞の過去形を学習しているような感じがします。しかし小学の段階では文法をあまり扱わず、とにかく自分が行ったところを紹介してみようということで、I went to
. というフレーズを言えるようにすることが目標なのです。さらに英語を聞いたり話したりしながら世界についてもっと知ることを目的としていて、英語の授業を通してさまざまな知識を得ることができます。小学生のうちは特にコミュニケーションが重視され、ペアワークやゲームなどで「話す・聞く」という技能を身につけていきます。よって幼少期より英会話で英語に慣れ親しんだお子様は戸惑うことなく小学英語に対応できるでしょう。

menu1
小学英語から中学英語へ

 これまで楽しかったはずの英語ですが、ここで一転します。学習指導要領の方針は中学になっても変わらないのですが、「話す・聞く」に重点が置かれていた小学の英語教育が「読む・書く」の方へ移行していきます。絵がほとんどだった教科書も、中学になると大半を文字が占めます。中学の定期テストを考えてみてください。リスニングの問題は出題されますが、他のほとんどの問題が従来通りの筆記試験です。ここでは「書く」ことに重点を置いた文法中心の、いわゆる受験英語が求められます。例えば What’s this? という問いに Apple! と答えたとしましょう。コミュニケーション、つまり意思伝達としては何の問題もありません。ところが、中学校の定期テストで Apple! と書いてしまっては不正解なのです。主語と動詞を補い、可算名詞には冠詞をつけて It is an apple. と答えるべきなのです。このギャップがお子様たちを混乱させてしまいます。コミュニケーション重視と言われていますが、外国人と英語で会話ができる、意思疎通ができるだけでは足りません。日本で中学を卒業し、高校・大学進学を考える以上、必須となってくるのがやはり文法中心の受験英語なのです。この現実に中学で直面し、これまで好きだった英語が思うようにできず、だんだんと英語が嫌いになってしまうお子様も少なくはありません。