中日新聞ほっとweb ロゴ

  • File
    No.86
  • 中日ニュースセンター さなるステーション 片部新聞店

  • 中日ニュースセンター さなるステーション
    片部新聞店
    【住所】静岡県浜松市中区富塚町2149-11
    【電話】053-473-0113
    【FAX】053-473-0117
    【HP】https://chunichikatabe.hamazo.tv/
    片部 篤志さん
    大学卒業後、電気機器メーカーのシステム開発や、核医学検査の一つであるPET検査の研究などに没頭。現在は、実家の販売店の2代目店主として、お客さまやスタッフとの信頼関係を大切に、店を切り盛りする。

自ら行動することの大切さを
スタッフに教えられました。

今回の取材先は、静岡県浜松市の中心部から西へ車で15分ほどの場所にある片部新聞店です。店舗では、2代目店主の片部 篤志さんが出迎えてくれました。
先代である片部さんの父親が浜松市に販売店を構えたのは、約30年前のこと。それまで片部さん一家の生活拠点は愛知県岡崎市で、父親の康雄さんは自動車部品メーカーの営業として活躍していました。その時の上司の実家が販売店だったこともあり、縁をいただき販売店に転職。「その頃、中学生だった私は、父親が持ち帰るラジカセやおもちゃがとても楽しみでした」と片部さん。販売店が天職だと感じた康雄さんは、営業で次々に好成績を収め、その褒賞がラジカセなどだったのです。数年後にはその頑張りが認められ、浜松市で販売店をやらないかと声がかかります。「岡崎育ちの母は、知らない土地への引っ越しに不安を感じたようですが……。父は一度言い出したら聞かない、頑固な性格だったため……」。平成元年(1989年)に、浜松市で中日新聞の販売店の店主となりました。同じ頃、片部さんは新潟の大学に進学します。「夏休みに帰省した際、配達を手伝うこともありましたが、父から販売店の話を聞くことはほとんどありませんでした」。
大学卒業後は、名古屋や東京でシステムエンジニアとして活躍。転職後には、ガン検診にも使われるPET検査の研究に没頭します。「勉強と研究漬けの毎日でしたが、とてもやりがいを感じていました」。大きなプロジェクトを任されるなど、充実した日々を送る片部さんでしたが「十数年前に脳梗塞を患った父のことが心配で……」、実家の販売店に入店します。「やはり、心のどこかで気になっていたんでしょうね」。しかし、浜松の土地勘がない上に、販売店の仕事はほぼ初めてだった片部さん。最初の3か月は全区域に何度も足を運び、すべてのお客さまの名前を覚えることに注力しました。その後、約1年半の研修で、販売店の仕事や店主に必要な心構えなどを修得します。たくさんの知識を詰め込んで戻った片部さんは、前のめり気味にさまざまな取り組みをスタート。しかし、一方的に指示するだけのやり方に、スタッフからは反発があり……。「どんな取り組みも、まずは自らやってみることで、その適否を確かめるようにしました」。スタッフに背中を見せることで、信頼関係を築くことに成功。今では、スタッフが率先して行動を起こしてくれるまでになりました。「父は私に販売店の話はしませんでしたが、いま思うと父も同じようにスタッフとの関係を築いていたように思います」。
コロナ禍で多くのお客さまサービスを中止にせざるを得ないいま、今後の夢を尋ねると「これからもお客さまと近い距離で仕事をして、たくさんの『ありがとう』がいただける販売店であり続けたいです」と笑顔で話してくれました。
  • 勤続年数の長いスタッフが多く在籍するのも、片部新聞店の特徴です。

  • 店舗スペースを解放して、お客さま向けにドライフラワー教室(現在は中止)などを開催。

  • 現在は中止しているバスツアーやお取り寄せですが、大勢のお客さまが再開を楽しみにしています。

販売店エリアのおすすめスポット

■佐鳴湖公園

長さ2.3km、幅0.6kmの湖、佐鳴湖を囲むように整備された公園。市街地に隣接する約50.43haの広大な敷地は、水と緑に恵まれた自然豊かな環境です。春は桜、夏は花火大会、秋は紅葉、冬はバードウォッチングなど、一年を通してさまざまな楽しみがあり、市民に親しまれています。佐鳴湖を一周できる「佐鳴湖公園ウォーキングコース」(1周約6km)は、日々の散歩やジョギングにおすすめ。園内では、年間約100種類の野鳥が確認されるほか、タヌキやイタチなどの哺乳類、トンボや蝶などたくさんの昆虫も生息しています。
※新型コロナウイルス感染症の影響で、園内の一部閉鎖やイベントが中止になる場合があります。事前にお問い合わせください。
【住所】 静岡県浜松市中区富塚町5147-4(北岸管理棟)
【電話】 053-476-0210(北岸管理棟)
【営業時間】 9:00~17:00(北岸管理棟)
【定休日】 月曜(北岸管理棟 多目的室のみ)
【駐車場】327台(無料)
【HP】 https://www.entetsuassist-dms.com/sanaru-park/
  • 佐鳴湖に沈む夕日など、風光明媚な場所として人気です。

  • 漕艇の競技場としても有名で、毎年多くのレースが開催されます。

  • 園内にはファミリーにおすすめの木製遊具などが完備されています。