中日新聞ほっとweb ロゴ

  • File
    No.78
  • 中日新聞 小浜専売店 宇野新聞店

  • 中日新聞 小浜専売店
    宇野新聞店
    【住所】福井県小浜市小浜酒井90−1
    【電話】0770-53-1705
    【FAX】0770-53-0701
    宇野 寛さん
    3代続く実家の印刷会社でデザイナーとして活躍した後、2008年に現在の販売店の店主に就任。全エリアのお客さまと顔の見えるコミュニケーションを大切に、地域に根ざした販売店づくりに励んでいる。

お客さま一人ひとりと顔を合わせることで、
生まれ育った地域との絆を深めています。

若狭湾で水揚げされたサバを塩でしめ、丸1日かけて京都まで運んだとされる鯖街道。その出発点である小浜市に店を構えるのが、宇野新聞店です。店では、初代店主の宇野さんが爽やかな笑顔で迎えてくれました。
「もともとデザインやレイアウトを考えるのが好きだったこともあり、実家の印刷会社でデザイナーとして働いていました」と話す宇野さん。当時の仕事はとても楽しかったという宇野さんが、なぜ販売店の店主に就任したかというと……。宇野さんが30代前半のころ、両親が朝刊配達を手伝っていた販売店の店主が引退されるため、次の店主候補を探しているとの話を耳にしたから。「当時、印刷業界が縮小傾向にあったので、将来を不安に感じることも少なくなかった。販売店の具体的な仕事内容は知りませんでしたが、その話に興味が湧いたんです」。家族に相談したところ、実の父母はもちろん、奥さまの実家からも心配の声が上がります。「まだ子どもが小さかったので、生活のリズムが変わることを周囲から心配されました」。悩んだ末、宇野さんは父親の朝刊配達に同行してみることに。「実際に配達する様子を見て、判断しようと思ったんです」。数か月の間、早起きをして父親に同行するうち、宇野さんの中に挑戦してみようという覚悟が芽生えます。その後、約3か月間の引き継ぎ期間を経て、販売店の店主に就任。「前店主さんからは、『地域の人にかわいがってもらいなさい』と温かい言葉をいただきました」。
店主就任後は、最初に全エリアのお客さまへの挨拶まわりからスタート。しかし、仕事熱心だった前店主の存在が大きく、なかなか顔と名前を覚えてもらえないまま時は過ぎていきます。それでも顔の見えるコミュニケーションを根気よく続けることで、「ようやくここ数年で、顔と名前が浸透したように感じます」。ほかにも、災害時にはお客さまに限らず地域の皆さんにお茶やタオルを差し入れるなど献身的に活動し、前店主からいただいた言葉を実践しています。
今後の夢を尋ねると「恥ずかしながら、明確な夢や目標はありません。ただ、これからも初心を忘れることなく、地域の方々とじっくり向き合うことに情熱をかけたいと思います」と話してくれました。
  • 宇野さんと販売店を支える、ベテランスタッフの皆さん。

  • 地域指定のゴミ袋を、すべてのお客さまに配布しています。

  • 店舗前に掲示板を設置。地元の方々が、イベント告知などに利用しています。

販売店エリアのおすすめスポット

■御食国(みけつくに)若狭おばま食文化館

古来、朝廷に食材を納める御食国であった小浜や、日本の食を体感できる多機能施設。料理レプリカを展示するミュージアムでは、日本全国の雑煮やすしなど食の歴史や文化を学べます。ほかにも、地元女性グループの指導で調理体験ができるキッチンスタジオ、若狭塗箸の研ぎ出しやめのう細工などの伝統工芸体験が楽しめる若狭工房も併設。小浜湾を一望できる温浴施設や、地元食材を使った料理が堪能できるお食事処も人気です。
【住所】福井県小浜市川崎3-4
【電話】0770-53-1000
【営業時間】
 ●ミュージアム・若狭工房
 (3月~11月)9:00~18:00、(12月~2月)9:00~17:00
 ●キッチンスタジオ
 9:00~21:00
【定休日】水曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月5日)
【料金】入館無料(体験料は別途)
【HP】 http://www1.city.obama.fukui.jp/obm/mermaid/
※温浴施設「濱の湯」、お食事処「濱の四季」の詳細は、HPをご覧ください。
  • 日本の正月食の象徴「雑煮」の由来や、全国各地の特徴などをレプリカで紹介

  • 箸研ぎ、めのう細工などの伝統工芸体験にも挑戦してください。

  • オーシャンビューの温浴施設で海草風呂、薬草風呂などを満喫。

■小浜市まちの駅

福井県内で唯一現存する明治期の芝居小屋を移築復原した「旭座」をはじめ、小浜の歴史や生活文化を体験できる施設を併設。観光案内所や休憩施設などもあり、小浜西組重伝建地区を楽しむまち歩きの拠点としてもにぎわいます。少し足を延ばしたい方には、レンタサイクル(2時間以内300円・税込)もおすすめです。
【住所】福井県小浜市小浜白鬚111-1
【電話】0770-52-2000
【営業時間】9:00~20:00 ※季節、施設により異なる
【定休日】火曜日(祝日の場合は開館)、12月29日~1月3日
【HP】 https://www.obama-machinoeki.net/
  • フードコート「まんぷく亭 華」の「天丼(味噌汁・漬物付き)800円・税込」。揚げたてサクサクの天ぷらと特製の天つゆが自慢です。

  • 脂がのった鯖を使用した「鯖味噌煮(五徳みそ)540円・税込」は、お土産コーナー「つみきハウス 華」で購入できます。

  • 小浜市指定文化財「旭座」では、落語、演劇などさまざまな催しを開催。公演スケジュールは、HPをチェックしてください。