中日新聞ほっとweb ロゴ

  • File
    No.72
  • 中日新聞 長野中央専売店

  • 中日新聞
    長野中央専売店
    【住所】長野県長野市大字鶴賀314
    【電話】026-224-9801
    【FAX】026-217-3966
    戸谷 猛さん
    長野市で自動車整備会社の経営者として活躍。当時のお客さまであった先代店主に誘われ、販売店の仕事を始める。2001年に店主就任後は、市内初のドラゴンズ会を立ち上げるなど、さまざまなお客さまサービスに取り組む。

長野市にドラゴンズファンを根付かせながら
お客さまのために、全力で頑張ります!

「私が店主に就任した頃は、周囲から『長野市で中日新聞が読めるの?』と言われるくらいの認知度だったんですよ」。そう笑って話すのは、長野中央専売店の店主・戸谷さんです。
戸谷さんが販売店の仕事を始めるきっかけとなったのは、経営していた自動車整備会社のお客さまであった先代店主から、熱心な誘いがあったから。「人柄のいいお客さまから、『少しでもいいから、販売店を手伝って欲しい』とお願いをされたら、手伝わないわけにはいかないでしょ」と、戸谷さんは当時を振り返ります。
アルバイトとして入店してからは、早朝から6時まで朝刊を配達し、7時30分に自分の会社に出社するという日々を送ります。最初は慣れない配達や早起きに苦労しますが、続けるうちに自然と前日の晩酌の量が減り、同時に体調も改善。「朝刊配達する私を見て、周囲からは『自動車整備会社が危ういんじゃないか』なんて揶揄もされましたが(笑)」。慣れるにつれ配達範囲も広がり、仕事がだんだん面白く感じるようになります。そんな最中、先代の店主が体調を崩して引退し、販売店は本社の直営店に。その後もアルバイトとして配達を続けていた戸谷さんに、販売店を任せたいと声がかかります。一緒に自動車整備会社を支えてくれていた弟にも相談し、悩み抜いた戸谷さんが出した答えは「店主として頑張ります」。
店主に就任後は、認知度アップやお客さまとの交流のために、市内初となる長野ドラゴンズ会を立ち上げます。「中日スポーツの読者を誘い、5名ほどのメンバーからスタートしました」。販売店のテレビで試合観戦したり、年に1度ナゴヤドームへのツアーを開催したりするうちに、いまでは50人以上のメンバーを抱える会へと成長。中日ドラゴンズが優勝した年に、市内のホテルで開催した祝賀会には、なんと150人以上が集まるなど、長野市にドラゴンズ愛を根付かせる大きな存在となっています。
最後に今後の目標を尋ねると「私が店主に就任した当時より、お客さまを倍に増やすことが目標。達成するまで、アクセル全開で前進し続けます」と力強く答えてくれました。
  • 「長野市にドラゴンズファンをもっと増やしたい!」と話す戸谷さん。

  • 高齢のお客さまには、雪かきや買い物代行などきめ細やかなサービスを行なっています。

  • 若い頃、自ら整備してツーリングを楽しんだ愛車、カワサキのZ750 TWIN。