中日新聞ほっとweb ロゴ

  • 第4回
  • 愛知県防災教育センター

貴重な体験とアイデア満載の講習会で、
防災の知識を身につける!
地震や火山活動が活発な環太平洋火山帯に位置する日本では、自然災害は避けて通れません。もし、私たちが暮らす街で大地震が発生したら…。皆さんは、冷静に行動できるでしょうか。頻発する自然災害から大切な命を守るためには、普段からの備えが不可欠です。
このコーナーでは、私、マギー審司が東海エリアの防災に関わる施設を年に4回ご紹介。これをしっかり読んで、そして実際に施設を訪れて、「忘れた頃に」ではなく「いつ来てもおかしくない」自然災害に対する意識を高めてください!第4回目は、愛知県尾張旭市にある「愛知県防災教育センター」です!
マギー審司さん
過去に起きた8つの地震を
和室と洋室で体験!
もともと日本は自然災害の多い国と言われていますが、2019年もまた、本当に災害の多い一年でした。その恐怖と被害の大きさを目の当たりにして、我が家でもいままで以上に防災について意識を高める必要があると改めて胸に刻みました。
今回おじゃましたのは、さまざまな体験や講習会を通して、すぐに役立つ防災知識やアイデアを教えてくれる愛知県の施設「愛知県防災教育センター」。特徴はなんと言っても、過去に起きた大地震を再現した地震体験。なんと、和室と洋室の2種類の部屋で体験できるんですよ!ほかにも、ボランティアスタッフによる貴重でためになる講習会など、いつ起きてもおかしくない自然災害について学ぶことができます。さあ。今回も防災について一緒に考えましょう!!

愛知県防災教育センターで
さまざまな体験に挑戦!

1
地震体験
館内に入ってすぐ目の前にあるのが、東日本大震災や熊本地震など過去に起きた8つの大地震を再現する大きな地震再現装置です。直下型やプレート型、余震や本震など、さまざまなタイプの地震を実際に体験して、いざという時にあわてないようにしましょう!
マギーさん
今回は、和室でくつろいでいるときの地震を想定したよ
マギーさん
体勢を低くして、頭を座布団などでしっかりと守ってね!
マギーさん
和室と洋室それぞれの部屋で、8つの地震が体験できるよ!
2
煙道体験
火災で発生する煙は、有毒なガスを含んでいるためとても危険です。さらに煙は、人間が階段を上る10倍以上のスピードで上昇。煙で充満した幅1.5m、長さ15mの通路からの避難体験を通して、確実に避難するためのポイントを学びましょう!
マギーさん
煙の怖さや特性を教えてもらい、いざ体験スタート!
マギーさん
できるだけ低い姿勢で、壁に手を当てて前に進むんだね!
マギーさん
誘導灯の指示も必ずチェック!口をハンカチなどで覆うのも忘れずに!!
3
消火体験
火災が起こった際の初期消火には、消火器が効果的です。自宅や会社のどこに消火器が設置されているか再確認するとともに、使い方を覚えておきましょう。ここでは的を目がけて水を放水する、水消火器による疑似消火体験をします。
マギーさん
大きな声で「火事だ!!」と周囲に知らせながら、黄色いピンを抜きます。
マギーさん
ノズルの先端近くを手に持ち、地面を掃くように水を噴射!
マギーさん
水が火元に届く距離になったら、燃えているものにめがけて水を噴射!
4
家具固定器具の取付・ガラス飛散防止フィルム貼りの体験(要予約)
ボランティアスタッフの皆さんが、お金をかけずにできる家具固定術などすぐに実践できるさまざまな防災アイデアを教えてくれます。ちなみに、阪神・淡路大震災では、タンス預金を探していて逃げ遅れた人が多くいたそう。タンス預金の場所も考え直さなきゃ!(タンス預金のないボクは安心だね……)
マギーさん
スタッフの皆さんは話がとっても上手で、つい引き込まれちゃいます。
マギーさん
突っ張り棒はタンスの奥に設置することで、効果が発揮されます。
マギーさん
ダンボールに牛乳パックを三角形に折ったものを詰めると強度がアップし、突っ張り棒がわりに!
地震や台風で窓ガラスが割れると、室内にガラスの破片が飛び散り、とても危険です。万が一割れた場合でも、ガラスの破片が飛び散らないようにするため、事前に特殊なフィルムを貼っておくのがおすすめ。ここでは、実際にフィルム貼りにチャレンジできます。
マギーさん
まずはガラスの表面を霧吹きなどでしっかりと濡らして…。
マギーさん
ヘラを使い、フィルムの真ん中から外へ空気と水を押し出します。
マギーさん
フィルムは1,000分の1mmの薄さだから、貼っても違和感なし!
家具の転倒を防ぐためには、L型金具で壁に直接固定するのが一番!ビスで固定する際、壁の裏に隠れた下地の柱や間柱などを探して取り付ける必要があります。壁を叩いた音で判断できない場合は、ホームセンターなどで下地センサーを購入しましょう。
マギーさん
実習コーナーでは壁の構造を学び、下地探しの体験ができます。
マギーさん
家の強度を増すためには、筋交い(斜め材)は効果大です!
マギーさん
電動工具を使って、実際にL型金具の取り付けに挑戦。ブイ〜ン!!

まだある!注目の防災術

マギーさん
震度5以上の地震が発生すると、冷蔵庫の扉が開いて中身が飛び出す可能性が。就寝中だけでも、専用のストッパーを取り付けるのがおすすめです。
マギーさん
L型金具で固定できない場所にある家具や冷蔵庫などは、専用のワイヤーやベルトなどで固定する方法も。ホームセンターなどで購入できるものもあるので、チェックしてください。
マギー審司の災害に備えるポイント
POINT1
この連載のおかげで、いろいろな施設で多くの地震体験をしたけど……。こればっかりは慣れることがないな、というのが率直な感想です。揺れると分かっていても、いざ揺れると心臓がバクバクするし、いつ揺れが収まるのか不安に襲われます。これがもし、突然起こったら…と考えるだけでとても恐怖です。定期的に地震体験をすることで、「心の備え」を心がけましょう。
POINT1
近年発生した地震で怪我をした人の多くは、家具の転倒や落下、飛散したガラスによるもの。家具をしっかりと固定し、飛散防止フィルムを活用すれば、多くの怪我が防げるんです!全て一度にやろうと思うと大変なので、まずは自分より背の高い家具や重たい家具、大きな窓から対策しましょう。固定グッズ、フィルムはホームセンターなどでも簡単に購入できるので、今度のお休みにぜひ挑戦してみてください。地震の際、凶器となる家具やガラスの対策をしておくことは、命を守るために欠かせない備えです。
POINT1
災害時にあわてないためにも、自宅はもちろん、子どもが通う学校や会社周辺のハザードマップを確認しておきましょう。「地震が起きたら、どこに避難する?」「自宅が浸水しそうな時、どうすればいい?」「非常時の安否確認の方法」について家族で決めておき、いざという時に備えましょう。市町村のHPでハザードマップを公開しているので、チェックしてみましょう!
DATA
愛知県防災教育センター

■愛知県防災教育センター

【住所】 愛知県尾張旭市大字新居5182-1393
【電話】 0561-53-2015
【開館時間】10:00〜16:00
【休館日】土曜・日曜日、年末年始
【入館料】無料
【駐車場】有
【HP】 https://www.pref.aichi.jp/soshiki/shobogakko/bousaikyouikucenter.html

※予約が必要な体験(家具固定器具の取付・ガラス飛散防止フィルム貼り)の申込みやその他の体験メニューについては、HPをご確認ください。