中日新聞ほっとweb ロゴ

 Let's♪新聞クラフト!

新聞で編みカゴを作ってみよう!

情報の宝庫である新聞も、読み終えたら古紙回収を待つばかり……なんて、もったいない!人生を豊かにしてくれる新聞に大いに感謝し、とことん活用するため、新聞クラフトマンがやってきた!!「新聞は読んだらポイ、なんて時代はもう古い!これからの新聞は『しっかり読んで、楽しく作って、みんなHAPPY』だ」。
そんなアツ〜い新聞クラフトマンを講師に迎え、親子で挑戦できる「新聞クラフト」をご紹介。切って、貼って、楽しく作るだけで、新聞にふれる機会もぐんとアップ。子どもたちにとっても、新聞がより身近なものとなってくれることでしょう。第2回は、リビングやデスク周りの小物入れとしても役立つ「編みカゴ」作りに挑戦します!今度のお休みは、家族みんなで「レッツ、新聞クラフト♪」
CraftMan
CraftMan
「第2回は、少しレベルアップして新聞を編んで作るカゴに挑戦しよう。1人では難しい作業もあるので、ぜひ親子で協力して1つの作品を作り上げて欲しい。もちろん、使う新聞は読み終わったものに限る!約束だよ!!」

プロフィール

新聞を愛するあまり、あらゆるモノを新聞で作ってしまう新聞クラフトの達人。新聞クラフトを世に広めるべく日々奔走するが、年齢や出身地などその多くは謎に包まれている。

今回の挑戦者は……
宮瀬さんファミリー

TEAMSHACHI
「子ども達とは普段、キャッチボールなどで体を動かしながら遊ぶことが多いかな。今日はどんな作品ができるか、楽しみです!」(英隆さん、中央)
「新聞を使って紙鉄砲をよく作るけど、編みカゴは初めて挑戦するよ。じょうずにできるかな?」(晴基くん:右)
「お父さん、お兄ちゃんと協力して、かわいい編みカゴを作りたい。出来上がったら、何に使おうかな?」(加菜ちゃん:左)

プロフィール

愛知県在住の宮瀬さんファミリーから、お父さんの英隆さんとお兄ちゃんの晴基くん(小6)、妹の加菜ちゃん(小2)が参加。休日には、晴基くんは1000ピース、加菜ちゃんは366ピースのパズルに挑戦するなど、手先の器用さには自信あり!
TEAMSHACHI
Craft

編みカゴの材料

Craft
Material
●新聞(1部)
●スティックのり(色付きがおすすめ)
●カッター(またはハサミ)
●30センチ定規

※制作時間の目安:1時間30分

STEP1
カゴを編むための、
紐(ひも)を作ろう!

今日は新聞を使って、編みカゴ作りに挑戦するぞ!

わぁーい!今日はとっても楽しみにしていました!

細かい作業なら、ボクに任せて!

親子で協力して、最高の編みカゴを作ってみせます!

家族のチームワークがあれば、大丈夫。さっそくレッツ、新聞クラフト♪

まずは新聞を真ん中でカットしよう。「ここはビシッと決めるぞ」(英隆さん)

「お父さん、失敗しないでよ……」(晴基くん&加菜ちゃん)

あまりに2人がじっと見つめるから、超緊張しちゃったよ(苦笑)。

カットした新聞を折って、紐を作ろう。

「これは、僕たちに任せて!」(晴基くん)

続いて、折った新聞をのりで貼り付けます。「たくさんあるんだから、お父さんも手伝って!」(加菜ちゃん)

みんなで協力して、紐20本が完成です!

詳しい紐の作り方は
動画をチェック!