中日新聞ほっとWeb HOME > 企業見聞録 > 株式会社さんわコーポレーション
  • 第22回
  • 株式会社さんわコーポレーション (愛知県海部郡大治町)

デパ地下に行ったら思わず寄っちゃう!
大好きな「さんわ」の手羽唐♪
佐井さん
なにを隠そう…デパ地下が大好きな佐井祐里奈。行くと必ず買うのは、「さんわ」の手羽唐!やわらか〜い肉に、甘辛のタレが絶妙に絡んで最高に美味しい♪一口食べるごとに、ビールがすすむ~(笑)。ちなみに、名古屋コーチンの手羽唐もオススメ!こちらは、噛みごたえのある肉なのですが、名古屋コーチンの美味しさが噛めば噛むほど口の中いーっぱいに広がって…あぁ幸せ。日本酒ともよく合うんです(笑)。なんて考えていたら、お腹がすいてきました。今回も、大好きなさんわコーポレーションさんの取材、張り切って行ってきまーす!

進化する老舗、
さんわグループの歴史

まずは常務取締役執行役員の古川翔大さんに歴史について教えていただきました。
さんわグループの創始者、伊藤和四五郎(わしごろう)氏は1900年に米穀や飼料などを取り扱う「伊藤和四五郎商店」を創業しました。1933年には、愛知県知多郡大高町(現在の名古屋市緑区大高町)に約4万坪の三和農場を建設。養鶏事業を開始します。農場では名古屋コーチンをはじめ約8万羽の鶏を飼育していたとのこと。当時の養鶏場としては、なんと東洋一の規模!それまでは武士たちが家内労働として営んでいた養鶏を、近代的な産業として発展させることに成功しました。さらに1955年には、和四五郎氏の孫、古川柳三氏がさんわコーポレーションの前身となる三和畜産株式会社を設立。お馴染みのCM「さんわ さんわ さんわのわかどり〜♪」は3年後の1958年頃からスタート。一般的に「かしわ」と呼ばれていた鶏肉を「わかどり」とネーミングしたのは、柳三氏だったのです。当時「かしわ」は廃鶏を意味する言葉としても使われていたため、そのイメージを払拭するためのナイスアイデア!その後、若年期の柔らかく美味しい鶏肉は、広く一般に認知されることとなります。高度成長時代には、スーパーマーケットに直営小売店舗を出店。さらに鶏肉の二次・三次加工を行う、業界初のプロセスセンターを完成。鶏肉の加工販売を中心的事業としながら、順調に発展します。順風満帆!だったはずなのですが…、バブル経済が崩壊したことで大きな転換期を迎えます。景気が一気に後退する中、大量仕入れ・大量販売から、「価格」ではなく「価値」で競える生鮮鶏肉ブランド企業を目指すことに。1993年には、本物の味・価値を提供するブランドとして、三和の純鶏名古屋コーチンを取り扱う「鶏三和」が誕生。2000年には、名古屋コーチン専用農場である有限会社中日本ファームズをグループ企業化しました。今では、駅ナカ商業施設や高速道路サービスエリアなど、全国に広がっています。さらに今年の5月19日、初めての海外店舗が台湾の台北駅に誕生。日本食文化を伝えたいという想いを込め、厳選した現地の食材で日本の味をしっかりと再現しているそうです。旅行したら、食べに行ってみたいなぁ~♪…でも台湾は遠いなぁ~というあなたに朗報です!なんと7月18日、栄地下に新店舗がオープンするとのこと。皆さんもぜひチェックしてみてくださいね。
  • 常務取締役執行役員の古川翔大さんは、若くてエネルギッシュな方でした!

  • 「営業が外出先でも倉庫の在庫をリアルタイムでチェックすることができるシステムを確立中」と話してくださいました。

美味しすぎると大人気!
手羽煮と名古屋コーチンぷりん

続いては、私も大好きな名古屋のお土産「三和の純鶏名古屋コーチン手羽煮」を紹介していただきました。「手羽煮」の誕生のきっかけは、名古屋コーチンにお土産としての定番商品がなかったこと。手羽は骨つき肉のため、蒸気圧釜でしっかり加熱をすることで中まで味を染み込ませてあるそう。ベストな加熱時間を見つけるため、数分刻みで加熱時間を変え、何度も何度も微調整を繰り返したんですって。さらにレトルト機で加圧・加熱殺菌することで、常温でも長期保存が可能に。このレトルト機での加熱により、味がさらに染み込み、トロトロの食感も作り出してくれるというから一石二鳥!箸で肉が骨からホロっととれるあの感動、あの柔らかさは簡単には出せないのですね~。国産鶏を使用した「手羽煮」もあるので、食べ比べをして肉質の違いを感じてみてください!
そして、最近お土産として注目を集めるスイーツ、「名古屋コーチンたまごぷりん」の美味しさの秘密も伺いました!贅沢にも名古屋コーチンの卵を100%使用したプリンは、とにかく濃厚で、一度食べたら忘れられない味。美味しさの秘密は、新鮮な卵と濃厚な生クリームを使っているところ。さらにプリン工場では、手作業で卵を割っているんですって。家で卵を1個割るのにも苦労する私からすると、信じられない…(笑)。添加物を一切使用していないのも嬉しいポイント♪見た目にも美味しいプリンにするため、カラメルの色や分量などにもこだわりが。その結果、最高に美味しいプリンが出来上がりました♪
  • 商品本部 企画商品開発の石川雅也さんと内川愛梨さん。お二人が美味しさの秘密と、こだわりを丁寧に教えてくださいました。

  • パッケージの裏には、美味しい食べ方のポイントやアレンジレシピも載っています。今度、身をほぐしてご飯に混ぜて食べてみようかな~♪

  • ゴールドのパッケージで、名古屋らしさを表現。シズル感たっぷりの写真にも惹かれます!

  • 煮くずれしないように、なんと手作業で丁寧に煮込んでいるというから驚き!

  • 表記をあえて「ぷりん」とひらがなにすることで、和風で優しいイメージに♪

  • カラメルの味と色にもこだわりが!濃厚な味を引き立たせるよう、あえて苦みを残したものにしているとのこと。

  • 2014年10月にやっとの思いで商品化した名古屋コーチン濃厚たまごぷりん、いただきま〜す!

  • 驚きの美味しさぁ~っ!とにかく卵の濃厚な味と、優しい甘さが口に広がります。幸せぇ~♪

人事担当者からのメッセージ

さんわグループは、一つのことにじっくりと取り組んでいただける環境、風土が特徴です。基本的には転居を伴う転勤はありませんが、逆に首都圏へ出てみたい、Uターンで地元に帰りたい等、希望を言っていただくことも可能。また、前向きに挑戦する姿勢を奨励しており、「決められた仕事」「与えられた業務」というよりは、自ら仕事を創出し、結果を出せるので、やりがいにもつながると思います。人材育成にも注力しており、様々な社内研修や社外研修への参加、資格取得の斡旋制度を利用して、入社してから必要な知識を得る事も可能です。
私から最後にお伝えしたいことは、「就職」と「就社」という言葉の違いです。「就職」は言葉通り「やりたい仕事に就く」こと。対して「就社」は、「入りたい会社に入社する」こと。仕事で会社を選ぶのか、選んだ会社から仕事を与えられるのか、どちらにやりがいを感じるかをよく見極めてください。ぜひ、自分がやりがいを感じられる会社、仕事に巡り会えることを信じて、頑張ってください!
河口裕介

管理本部 人事管理 担当 河口裕介さん

佐井祐里奈の体験後記

佐井祐里奈の体験後記アイコン
さんわコーポレーションは、今年で創業118年。常務取締役執行役員の古川翔大さんのお話では、「進化する老舗を目指している」との言葉がとても印象に残りました。慢心することなく、日々ブラッシュアップをしていきたいと熱く話してくださいました。ゴールのない挑戦って大変だと思うけれど、カッコいいなぁとしみじみと感じました! 美味しさを追求するだけでなく、食の安全にもこだわりを持つ。価格競争ではなく、価値の提供を行っている、そんな言葉にはとても説得力がありましたよ。
時代のニーズに合わせて、常に進化するさんわコーポレーション。これからは、共働きの増加で家庭での調理時間が減っていく時代背景を受け「ready to cook ready to eat=ひと手間で食卓に並べられる商品」の開発に力を入れたいとのこと。個人的にも嬉しいことです!ありがたや~。これからも期待しています!
佐井祐里奈の体験後記

名古屋コーチンの手羽煮の美味しさを広めていこう~♪まずは今夜のおかずにいかがですか?

COMPANY DATA

株式会社さんわコーポレーション
https://www.sanwa-grp.co.jp/

1900年に名古屋市西区にて、飼料商として伊藤和四五郎商店を創業。業界初の完全配合飼料の製造に着手し、完全配合飼料の基礎を築く。1933年には、名古屋市緑区に三和農場を建設し、名古屋コーチンなど約8万羽の鶏を育成。当時としては、東洋一の養鶏所まで発展させる。1955年以降、さんわコーポレーションとして、農場から調理・加工そして販売までの独自基準による一貫事業管理体制を構築。第三次加工を核とした中部発信のブランドメーカーとして、進化を続ける。

  • 佐井祐里奈プロフィール
  • 佐井祐里奈

    ツイッター:@yunna_s31 愛知県日進市出身。大学卒業後、宮崎放送(MRT)のアナウンサーとして活躍。2013年から拠点を名古屋に移し、テレビのリポーター、ラジオのパーソナリティ、イベントの司会など、活躍の場を広げる。趣味はアイドル研究。