就活準備
「就活を有利に進めたいなら、新聞をよんだほうが良い」…こんな話を聞いたことはありませんか? でもなぜ、新聞が就活に良いのでしょうか?

新聞には、政治・経済・時事問題・スポーツ・地域のニュースなど、様々な記事が載っています。 新聞を毎日よむことで、今世の中で起こっている事がわかり、将来社会人として必要になる共通知識を、今のうちから蓄える事ができるので就職活動を有利に進められると言われています。
また、面接では、『あなたの意見』を求められる機会が多いですが、普段から新聞をよんだ後に、『自分ならどう思うか』考えてみましょう。 考えることで、自分の考えがまとまり、やがて『自分の意見』が持てるようになります。 今から新聞を購読し、毎日の習慣にする事で、 きっとあなたを鍛え、勝つ就活、納得のいく就活へと導いてくれるでしょう。

虎の巻

面接では、情報を「知っている」だけでは通用しない。いろいろな事象に対して自分の考えを分かりやすく、論理的に伝えなければいけない。情報をよみ込み、考え、意見をまとめることでより説得力のあるオリジナルな表現が出来るはずです。よむ・考える・まとめることの習慣を毎日届く新聞で身に着け、実際に家族や友人たちと、話し合うことで自然と面接の準備となっているはずです。新聞こそ、あなたにとって身近で役に立つ就活ツールなのです。 おじさん

3つのポイント

1.よむことを毎日続けて習慣化する

2.『よむ』→『考える』→『まとめる』の流れを身につける

3.自分の新聞で気になる記事を切り抜きオリジナルの「就活ノート」を作る

上手なよみ方
1面

世の中の動向を知る上で最低限の情報が集約されているのが1面です。 限られた頁内にその日伝えたい出来事が技術の粋を尽くして収められています。 課題の整理・起承転結・見出しの付け方など、相手にどうやって大事なことを伝えるか? 意識して読むだけで「知る」だけでなく「使える」技術が身につきます。

経済面

「全国経済ニュース」、「地域経済ニュース」の2つが分かります。 全国の経済ニュースの流れを理解しながら、地元経済の動きをつかみましょう。 特に地元の経済ニュースは地元消費者の関心の高い商品やサービス等が分かり、業界研究や面接対策等の就職活動に役立ちます。 人が動く原動力となる潮流を見極め、この先どんなニーズが時代の流れでくるかを予想しながらよみ込みましょう。

国際面

グローバル化とIT化の拡大で、世の中は密接につながりつつあります。 他国の出来事であってもよその国のことでは済まなくなっているのが私たちの生きている『今』です。 国際社会の動きは、就職を希望する会社や業界に直接あるいは、間接的に大きな影響を及ぼさざるを得ません。

地方面

地元での就職を考えているなら、住んでいる地域の地理、歴史、自然など、特徴を知りましょう。 元気のある企業や団体、色々な飲食店などの紹介記事や、祭り、行事などの風習も季節ごとに伝えています。身近なニュースから情報をよみ取りましょう。 下段には宣伝広告も地域に則していて見逃せません。 きっとあなたの地元をより深く知るキッカケになるはずです。

社会面

今を映す鏡と言われる社会面。 事件・事故など世の中で起こったことを知るには最高の教材です。 上司や同僚、取引先との会話にも役立つ『社会人が必ず知るべき情報』が満載。 社会面にある『編集日誌』は取材の裏側がわかるおすすめコーナーです。 より深くよむキッカケとなります。

ラジオ・テレビ面

ラジオ・テレビ番組面、通称「ラテ面」。 実はラテ面も就活に役立つ情報が満載!? 生活情報番組宣伝ではトレンドな生情報を短く掲載。 ラテ面を見るのではなく、よむことで社会のキーワードが見えてきます。