中日新聞ほっとWeb HOME > おしごと見聞録 > 蒲鉾職人 (大矢蒲鉾商店)
Report
No.31

蒲鉾職人 (大矢蒲鉾商店)

蒲鉾職人
江戸時代末期に創業した老舗蒲鉾店で
美味しい蒲鉾の秘密を探ってきました!
大黒 柚姫
むらさきパープル(仮)
大黒 柚姫
今回のリポーター
第31回目の訪問先は、熱田神宮の近くに店を構える「大矢蒲鉾商店」です。機械生産を取り入れた現在も、手作りの工程を大切に、保存料無添加の蒲鉾を作り続けています。店では、6代目店主の大矢 晃敬さんが、美味しい蒲鉾の秘密を教えてくれました!

きしめんの具やおせち料理に欠かせない
美味しい蒲鉾の作り方を教えてください!

今回、ゆずきちゃんが向かった先は、1860年創業の「大矢蒲鉾商店」。三種の神器の一つ、草薙剣を祀る熱田神宮の近くに店を構える老舗蒲鉾店です。笑顔で出迎えてくれた6代目の大矢さんに、さっそく取材をスタート。「最初に、お店の歴史を教えてください!」(ゆずきちゃん)。「徳川家茂が14代将軍に就任した年に、初代が創業したのがこの店です」(大矢さん)。「えっ!江戸時代から蒲鉾を作り続けているんですね。スゴイ!」と驚くゆずきちゃん。「元々初代は、魚市場の仲卸だったのですが、蒲鉾職人から技術を修得。2代目は、細工蒲鉾の名人と呼ばれた人でした。その後、3代目は太平洋戦争に直面しながらも技術を継承。4代目の時に、初めて機械技術を導入しました。現在は、私の父である5代目と協力して、安心安全で美味しい蒲鉾を作り続けています」(大矢さん)。「6代続くお店には、歴史が刻まれているんですね」と感激しながら、続いて「美味しい蒲鉾の作り方や、こだわりを教えてください!」。「当店では、一部機械を取り入れていますが、昔ながらの手作りの工程を大切にしています。特に、すり身は魚の質や気温で状態が日々変化。それを、毎日確認し、微妙な調整を加えて、ベストな状態に仕上げているんですよ」と話す大矢さんから、今度は逆質問!「ゆずきちゃんは、名古屋蒲鉾って知っていますか?」「名古屋蒲鉾……?味噌味なのかな??」(ゆずきちゃん)。「実は、表面が朱(あか)色の蒲鉾は、名古屋発祥なんですよ。諸説ありますが、織田信長が好んだ色が朱だったからとも言われています。他にも、当時の熱田神宮は尾張造りと呼ばれる朱色の御社だったんです」(大矢さん)。「たしかに。きしめんの蒲鉾は朱色だね!」(ゆずきちゃん)。
最後にゆずきちゃんは「職人としての夢はなんですか?」と大矢さんに質問します。「新しいものに挑戦しながらも、158年の歴史を次の世代に継承することが目標です。蒲鉾は高タンパクで低カロリーだから、ゆずきちゃんもたくさん食べてね!」(大矢さん)。「わぉ!健康志向の食材なんですね。これからは、名古屋蒲鉾にも注目してみます!今日はありがとうございました」(ゆずきちゃん)。
  • 6代目店主の大矢 晃敬さんに直撃インタビュー!

  • 「フムフム……。それにしても、6代も続くって、本当にすごいなぁ〜」

  • 全国には、さまざまなご当地蒲鉾が!

  • 注文後に店頭で揚げてくれる「揚げ蒲鉾」も人気です。

  • 実際の作業は早朝から明け方にかけて行われるため、製造工程は映像で見せてもらいました。

  • 「1つの石をくりぬいて作った臼なんですよ」(大矢さん)。「大きい!!」(ゆずきちゃん)。

  • 「この成形機から魚のすり身が押し出されて、蒲鉾の形になるんだね」(ゆずきちゃん)。

  • 焼き蒲鉾は焼成時に生地が膨らむため、ハリネズミのようなもので表面に穴を開けてから焼き上げます。

  • 「これが名古屋蒲鉾です!出来たてをいっただきまーす!」

  • 「とってもプリプリ!これはアシがすごいね!」
    ※弾力のあることを、蒲鉾では「アシがある」と表現します。

揚げ蒲鉾の販売を
ちょっとだけお手伝い!

  • 「揚げ蒲鉾は季節限定も含めて約10種類。今日は柚姫の柚子胡椒がおすすめだよ!」

  • 「揚げ蒲鉾用に成形した生地を、油で揚げま〜す!」

  • 「油がはねないように、手前にそっと…(ドキドキするぅ〜)」

  • 「じっくり揚げているから、待っててね!」

  • 「柚子胡椒の揚げ蒲鉾、おまちどおさま。アツアツだから、火傷しないでね」

  • いい香りにつられて思わずパクっ!
    「わぁ〜めっちゃ美味しい!」

取材後記
取材に体験に一生懸命がんばったゆずきちゃんの感想は……?
アザーカットで奮闘の様子をチェック
他では見れないメンバーの表情だよ!
読者プレゼント
取材中のメンバーを撮影した貴重なポラロイド(サインとメッセージ入り)を3名にプレゼント!
郵便はがき、または本ページ内の応募フォームよりご応募ください。
応募フォームの場合
こちらからご応募ください。
応募締切:2018年12月25日(火)(23:59まで有効)
多数のご応募お待ちしております!
※当選者の発表は発送をもって代えさせて頂きます。
郵便はがきの場合
郵便はがきに
(1)郵便番号 (2)ご住所 (3)お名前(フリガナ)
(4)年齢 (5)電話番号
(6)『TEAM SHACHIのおしごと見聞録』の感想をご記入の上、下記の宛先までご応募ください!
■宛先
〒460-8511
愛知県名古屋市中区三の丸一丁目6番1号
中日新聞社販売局 お客さまセンター
中日新聞ほっとWeb
「TEAM SHACHIのおしごと見聞録プレゼント」係

■応募締切
2018年12月25日(火)(当日消印有効)
企業情報

大矢蒲鉾商店

店頭のショーケースには、早朝2時ごろから作り始める蒲鉾がずらりと並びます。石臼ですった魚の身の状態に合わせて微調整を加えるなど、昔ながらのこだわりを継承。看板商品の「名古屋蒲鉾(210円)」のほか、すった長芋を生地に加えた「新薯(730円)」も人気。何もつけずにそのまま食べても美味しい蒲鉾ですが、お好みでワサビやショウガ醤油、からしをつけてもGOOD。玉子丼の具にぶつ切りにした蒲鉾を入れるのが、大矢家の定番です。

【住所】愛知県名古屋市熱田区白鳥2-8-12
【電話】052-671-4664
【営業時間】11:00〜18:00
【定休日】土日祝日
【HP】http://ooya-kamaboko.com/

TEAM SHACHIプロフィール

TEAM SHACHI

スターダストプロモーション内スターダストプラネット所属、愛知県出身の秋本帆華、咲良菜緒、大黒柚姫、坂本遥奈 からなる女性グループ。
前身グループである「チームしゃちほこ」から、2018年10月23日にチーム名を変更。「super tough strong energy positive exciting soul from nagoya」を掲げ、Zepp Nagoyaにてフリーライブを敢行しライブデビューを果たす。

【オフィシャルサイト】
https://teamshachi.nagoya/