• Report
    No.29
  • 納豆職人 (山下食品)

納豆職人
日本一の称号を獲得した納豆は
小さな小さな工房で作られていました。
  • 秋本 帆華
  • 今回のリポーター
第29回目の訪問先は、納豆を作り続けて53年の山下食品です。日本の伝統食として、たくさんの人に愛される納豆。今回は、「納豆と炊きたてご飯は、最強コンビです!」と納豆を心から愛する、秋本 帆華がリポートします!

日本一の納豆の作り方を教えてください!
(そして…その味を確かめたいです!)

今回の取材先は、1965年に創業した山下食品。「心和(こころなごみ)」という商品が、第21回 全国納豆鑑評会において、最優秀賞である農林水産大臣賞に選ばれるなど、さまざまな賞を受賞。納豆好きの間では「日本一小さいけど、日本一おいしい納豆屋さん」として有名な、愛知県岡崎市の納豆店です。工房では、2代目の山下将生さんが笑顔で出迎えてくれました。
「納豆作りを始めたキッカケは何ですか?」と、さっそくほのかちゃんは取材をスタート。「祖父が愛知県知多郡武豊町で鉄工所を営んでいた際、お客さまの要望で豆洗い機を開発。その後、父の代になって、豆洗い機の取引先から『納豆屋を作ってみないか?』と声をかけられたのがきっかけとなり、納豆作りをスタート。醤油や味噌などの醸造産業が盛んな知多郡には、大豆を熟知した方も多く、納豆作りには適した環境だったと思います。それでも、創業当時は納豆文化がないこの地域では、苦労もあったそうですよ」(山下さん)。
続いて、ほのかちゃんは納豆の作り方を教えてもらいます。「納豆作りに必要なものは、大豆と水、そして納豆菌といたってシンプル。大豆って、枝豆が大きくなったものって、知っていましたか?」(山下さん)。「はい、もちろん!枝豆も大豆も、どっちも大好きです」と目を輝かせるほのかちゃん。納豆作りの工程を、真剣にメモします。そんなほのかちゃんに山下さんが、納豆を作っている工房を案内してくれました。入るや否や、「わぁ〜!納豆のいい香り!」と感激するほのかちゃん。
最後に、納豆の美味しい食べ方を教えてもらいました。「付属のタレやカラシも、化学調味料を使わないなどこだわっているので、まずはタレとからしで食べてください。他には、梅肉や塩こんぶを混ぜても美味しいですし、塩で食べるという通な人もいるんですよ!」(山下さん)。「いろんな食べ方があるんだね!うゎ〜頭の中が、納豆だらけになってきた!今日の夕食は、納豆に決まりだね!!」
  • 日本一の納豆を作る工房に「おじゃましま〜す!」

  • 2代目の山下さんに直撃インタビュー!「大好きな納豆のこと、いろいろ教えてください!」

  • 真剣な表情で話を聞くほのかちゃん。「納豆のこと知ってるつもりだったけど、まだまだだな…」

  • 工房では、巨大な圧力釜を発見!「時間をかけて、ふっくらと蒸し上げるのがコツなんだって!」

  • ベテランスタッフにも話を聞くほのかちゃん。「ふむふむ…。ますます納豆が好きになります」

  • 工房の裏には、大豆畑が広がっていました。「地元の大豆で作った納豆も食べてみたい!」

  • 特別に、発酵する前の蒸し大豆を試食させてもらました。

  • 「大豆がふっくらして、とっても甘い!このままでも、とっても美味しい!!」

  • 「心和」「煌」「ゴールドA」「小久井さん家の納豆」の4商品を食べ比べ!

  • 最初に、日本一に輝いた「心和」を手に取るほのかちゃん。

  • 「すっごく粒が大きくて、びっくり。なんだか、ずっしりとしているよ」

  • タレとからしを加えて、よく混ぜたら「いただきま〜す!」

  • 「うわっ!こんな納豆食べたことがない!!こんなに美味しい納豆があるなんて…。メンバーのみんなにも教えてあげよ~!」

  • ほかの3商品も食べ比べるほのかちゃん。「納豆の大きさ、種類でこんなに味が違うんだね。小粒でも、大豆の味が濃くて美味しい!」

取材後記
取材に体験に一生懸命がんばったほのかちゃんの感想は……?
アザーカットで奮闘の様子をチェック
他では見れないメンバーの表情だよ!
企業情報

山下食品株式会社
(山下納豆)

2016年に開催された第21回 全国納豆鑑評会で、「心和(こころなごみ)」が最優秀賞である農林水産大臣賞を受賞。北海道でもわずかな地域でしか収穫できない極大粒大豆、鶴の子を使用。浸水に時間をかけるほか、蒸しから発酵、仕上げまで、全行程を昔ながらの手作業で行うことで、もっちりとやわらかく、ほんのり甘みが広がる極上の納豆が完成します。工房のほか、オアシス21にある愛知県産品アンテナショップ「ピピッと!あいち」などで購入できます。

【住所】愛知県岡崎市暮戸町元社口9
【電話】0564-31-2847
【HP】yamashita710.co.jp
※営業日はHPをご確認ください。
※購入の際は、事前に購入できる商品の種類や数量をご確認の上、お出かけください。

しゃちこほプロフィール

チームしゃちほこ

スターダストプラネット所属、名古屋を拠点に活動するアイドル5人組。2012年4月名古屋城にて路上デビュー。
2016年には5公演5万人を動員する大型ライブ計画"VICTORY YEAR"を発表。幕張メッセ2DAYS、日本武道館、横浜アリーナで単独公演を実施し、2017年3月21日には、かねてからの彼女たちの目標であった地元名古屋の日本ガイシホールでの単独アリーナ公演をSOLD OUTさせた。
2017年春、新たなスローガン"ROAD to ナゴヤドーム前矢田"のもと、ナゴヤドーム単独公演を目標に名古屋を拠点に全国で活動中。

●チームしゃちほこ×RADIO FISH「BURNING FESTIVAL」
2018年8月29日発売
※リリースイベントも続々と決定!詳細は特設サイトでチェック!!
【特設サイト】
https://sp.wmg.jp/syachihoko-radiofish/

【チームしゃちほこのオフィシャルサイト】
https://team-syachihoko.jp/