中日新聞ほっとWeb HOME > おしごと見聞録 > 大正琴職人(大正琴のナルダン楽器)
チームしゃちほこのおしごと見聞録

Report No.16大正琴職人(大正琴のナルダン楽器)

名古屋生まれの楽器
大正琴って、どんな音色をかなでるの!?

第16回目の訪問先は、またまた名古屋城にほど近い「大正琴のナルダン楽器」さんです。大正時代に名古屋で発明された大正琴が、どのように作られているのか……。
今回のリポーター、秋本帆華が「名古屋城の近くには、いろんな職人さんの工房が集中しているんだな…」と感心しつつ、さっそく体当たりリポート!
今回のリポーター 名古屋レッド 秋本帆華
大正琴って、名古屋生まれって本当??
私にも弾けるかな~!?
ほのかちゃんが訪ねたのは、名古屋市西区の「大正琴のナルダン楽器」さんです。60年以上にわたり大正琴をつくり続ける工房で、3代目の岩田茂さんと千秋さんが出迎えてくれました。
「そもそも大正琴って、どうしてつくられたの?」とほのかちゃん。「この楽器は、大正元年(1912年)に名古屋の大須で誕生しました。当時の大須の町は、三味線や琴の音が鳴り響く、名古屋一の繁華街だったんです」(千秋さん)。「えっ、大須で誕生したの?知ってる場所で発明されたなんて、びっくり!」(ほのかちゃん)。
発明した森田吾郎さんの写真を見て、ほのかちゃんはさらにびっくり!「すごいイケメン!」。大正琴の生みの親、森田さんは、大須観音の近くにあった旅館の息子さんで、器用な手先を生かしてさまざまな楽器を発明したそうです。
森田さんが25歳の時、笛の演奏旅行でヨーロッパへ。そこで出会ったタイプライターのキーボタンと、日本にあった一絃琴や二絃琴を組み合わせて誕生したのが、大正琴です。「当時は、ド・レ・ミ……の西洋音階がまだ普及していない時代だったのですが、大正琴の誕生でいっきに身近になったんです」(千秋さん)。
「……?そもそも大正琴って、どうやって演奏するんですか?」(ほのかちゃん)。「例えば、1番がド、2番がレというように、番号のついた音階ボタンを押さえて、弦をはじくだけで演奏できるんですよ」(千秋さん)。「楽譜が読めなくても、弾けちゃうなんてすごい!」(ほのかちゃん)。
和洋折衷な名古屋生まれの楽器、大正琴を月に150~200台製造する大正琴のナルダン楽器さん。夢を尋ねると「『産声から嫁入り、そして里帰りまで』をモットーに、弾き手に愛される楽器づくりを続けていきたいです」(茂さん)。「世界中にこの音色を広げたい。68センチ、1.2キロの楽器は、持ち運びも便利ですよ」(千秋さん)と答えてくれました。
  • 「今日はよろしくお願いします」(ほのかちゃん)。「大正琴の音色は知ってますか?」(茂さん)。

  • 大正琴の音色を聞いたことがないほのかちゃんに、茂さんが自ら演奏してくれました。

  • 「和な響きなんだけど、洋楽の演奏にも合うなんて不思議!あとで、私も弾いてみたいな!!」

  • 「この方が生みの親、森田さんです」(千秋さん)。凛々しい写真に、ほのかちゃんもスタッフも驚き!

  • 「このタイプライターに使われているボタンを応用して、大正琴が発明されました」(千秋さん)。

  • 「こんな小さなボディに、26鍵も詰まってるなんて。なんて優秀な楽器なんだろ……」

ちょっとだけお手伝いをさせてもらいました!
  • はじめての演奏に「超ドキドキする……」。

  • 右手にピックを持ち、左手を音階ボタンに置いて、演奏スタート!

  • 楽譜に書かれた数字の通りに、左手で音階ボタンを押して……。

  • まわりにも緊張が伝わってくるほど……超真剣です!

  • でも弾き始めてしまえば、笑顔が戻ってきました。さすがです。

  • 一曲無事に弾き終わった瞬間、ハイタッチで大よろこび。

しゃちほこNEWS!
メンバー直筆の取材リポートだよ!
チームしゃちほこNEWS
取材後記
取材に体験に一生懸命がんばったほのかちゃんの感想は……?
取材後記
アザーカットで奮闘の様子をチェック!
他では見れないメンバーの表情だよ!

SHOP DATA

■大正琴のナルダン楽器
名古屋城の城下町(名古屋市西区)で、60年以上にわたり大正琴や関連商品を製造・販売。厳選された単板からつくる大正琴は、深い響きと澄んだ音色を奏でる。専門メーカーならでは のアフターケアーも万全。さらに大正琴教室「澄音会(すみねかい)」を主催し、幅広い世代に指導活動も行っている。
【住所】愛知県名古屋市西区幅下1-5-12
【電話】052-571-8882
【HP】 http://www.nardan.co.jp/

PROFILE

チームしゃちほこ チームしゃちほこ
スターダストプロモーション芸能3部所属、名古屋を拠点に活動するアイドル5人組。
2012年4月名古屋城にて路上デビュー。
2016年には5公演5万人を動員する大型ライブ計画"VICTORY YEAR"を発表。幕張メッセ2DAYS、日本武道館、横浜アリーナで単独公演を実施し、2017年3月21日には、かねてからの彼女たちの目標であった地元名古屋の日本ガイシホールでの単独アリーナ公演をSOLD OUTさせた。
2017年春、新たなスローガン"ROAD to ナゴヤドーム前矢田"のもと、ナゴヤドーム単独公演を目標に名古屋を拠点に全国で活動中。

チームしゃちほこ初のベストアルバム『しゃちBEST 2012-2017』
2017年10月18日(水)全3形態発売(2CD、2CD+1BD、2CD+1SG)
http://sp.wmg.jp/syachi/best/
チームしゃちほこ夏の恒例単独公演『しゃちサマ2017』
2017年9月3日(日)TOKYO DOME CITY HALL
2017年9月24日(日)愛知県芸術劇場 大ホール
http://syachilive.jp/summer2017/
【チームしゃちほこのオフィシャルサイト】
https://team-syachihoko.jp/