Report No.10
カステラ職人 松浦軒本店(岐阜県恵那市)


江戸時代から伝わる
伝統的なカステーラの作り方をリポート!

第10回目の訪問先は、江戸時代にポルトガルから伝来したカステーラを造り続ける和菓子店です。 みんな大好きな甘いお菓子が、どのように作られているのか……。 「小ちゃくたって名古屋嬢!」な咲良菜緒が、体当たりリポート!

江戸時代のお殿さまも食べたと言う
カステーラって、どんな味かな?

今回、なおちゃんが向かった先は、寛政8年(1796年)に創業した、岐阜県岩村町の和菓子店です。大好きな和菓子のリポートにウキウキのなおちゃんを出迎えてくれたのは、8代目の店主・松浦陽平さん。「お店がある本町通は旧岩村藩の城下町だった場所で、商家など江戸時代の町並みが残されています。岩村には、日本三大山城に数えられる岩村城の城跡も残されているんですよ」(陽平さん)。

最初に地元愛をたっぷりと語ってくれた陽平さんに「なんでココのカステラは、カステーラっていうの?」と素朴な疑問を投げかけます。「もともと、カスティーリャ王国のパン菓子だったため、当店ではいまでもカステーラと読んでいます」(陽平さん)。 卵や砂糖が貴重な江戸時代。カステラは健康にいい食べ物として、医学とともに長崎に伝来します。その後、長崎では長崎カステラとして発展しますが、ここ岩村では当時の製法が脈々と受け継がれています。「江戸時代の製法を守り続けているのは、当店だけだと聞いています」(陽平さん)。「長崎にカステラが伝来したって、歴史の教科書でも読んだ気がする!スゴ〜イ!!」。


8代目の陽平さんは、笑顔がとってもステキ。「今日はいろいろ教えてください!」。




創業220年の店の歴史に感心するなおちゃん。「江戸時代のお殿さまも食べたカステーラ、私も食べてみたい……」。


カステーラの製造現場に潜入する前に、白衣と帽子を着用します。「和菓子職人に変身しちゃうぞ!」。


職人さんが忙しく働く現場でも真剣にメモをとるなおちゃん。「職人さんの動きが速すぎて、ついていけないぞ。ムムム……」。


慣れた手つきで、銅製の小釜に生地を注ぐ職人さん。「目分量で生地を流し込むなんて、経験がなせる技だね」。


続々と焼き上げられるカステーラを前に「あー、焼きたてが食べてみたいよぅ……。この香り、たまらん!」。


焼きたてを特別に試食させてもらったなおちゃん。「うわぁぁ〜、卵の味が濃くっておいしい!」と感激。


「昔はこの絵のように、炭火で焼いていたんだって。それにしても、江戸時代と同じ味が楽しめるなんて、ちょっと不思議な気分……」

続いて、カステーラを製造する現場を案内してもらったなおちゃん。「長崎のカステラは大きな木枠に生地を流し込んで焼くけど、ここのカステーラは1本ずつ小釜で焼き上げるんだって!」。

「長崎カステラと比べると、焼成時間が15分ととても短いのが特徴。大正時代まで、同じ小釜を使って炭火で焼き上げていました」(陽平さん)。「一本ずつ小釜で焼き上げるから、全面に焼き目がつくんだね」。

オーブンで焼き上げられたカステーラは、熱いまま熟練スタッフの手で包装されます。「フィルムをアイロンでくっつけるんだって! それにしても、すごい早さで仕上げられていくね。これもまさに職人技!」。 最後に陽平さんは「これからも、誰が食べても好きになってもらえる、純朴な味を守り続けていきたいです」と話してくれました。



しゃちほこNEWS!
メンバー直筆の取材リポートだよ!

取材後記
取材に体験に一生懸命がんばったなおちゃんの感想は……?



アザーカットで奮闘の様子をチェック!
他では見れないメンバーの表情だよ!
今回おじゃました企業様
■松浦軒本店
日本で唯一、江戸時代から変わらぬカステーラを作り続ける和菓子店。カステーラの生地の攪拌には、素材に熱のストレスがかかりにくい石臼を使用。約40分間じっくり攪拌することにより、キメの細かい生地が完成する。卵の豊かな風味と純朴な味わいが楽しめるカステーラは、岩村の土産としても人気だ。
  • 【住所】岐阜県恵那市岩村町本町3-246
  • 【電話】0573-43-2541
  • 【営業時間】8:30〜19:30
  • 【定休日】なし
  • 【HP】http://matsuhon.enat.jp/index.html

読者プレゼント!


取材中のメンバーを撮影した貴重なポラロイド(サインとメッセージ入り)2名にプレゼント!


【応募方法】

郵便はがき、または本ページ内の応募フォームよりご応募ください。



《郵便はがきの場合》

郵便はがきに
(1)郵便番号 (2)ご住所 (3)お名前(フリガナ)
(4)年齢 (5)電話番号
(6)希望するプレゼント(ポラロイド(サインとメッセージ入り))
(7)『チームしゃちほこのほっと見聞録』の感想
をご記入の上、下記の宛先までご応募ください!

■宛先
〒460-8511
愛知県名古屋市中区三の丸一丁目6番1号
中日新聞社販売局 お客さまセンター
中日新聞ほっとWeb
「チームしゃちほこのほっと見聞録プレゼント」係

■応募締切:
2017年1月25日(水)(当日消印有効)

《応募フォームの場合》

こちらからご応募ください。


応募締切:2017年1月25日(水)
(23:59まで有効)

多数のご応募お待ちしております!
※当選者の発表は発送をもって代えさせて頂き
ます。

チームしゃちほこプロフィール
スターダスト芸能3部所属の名古屋在住アイドル6人組。
路上デビュー5年目を控える2016年、"VICTORY YEAR"のスローガンのもと、その第一弾シングルとして4月7日に「Chérie!」をリリース。また5月に開催される幕張メッセ2 DAYSを皮切りに5年目に5公演で5万人を動員するライブ計画を発表。この5年目5公演5万人のラストには彼女たちの当初からの目標であった「日本ガイシホール」が控えており、今後更なる飛躍が期待される。
●2017年3月21日(火)/日本ガイシホール単独公演


この記事を共有する
ページの先頭へ