Report No.7
花火職人 磯谷煙火店・磯谷明煙火工場(岡崎市)


ちょっと危険な(!?)花火の制作現場にちゆちゃんが潜入
夏の夜空を彩る打ち上げ花火の技と伝統を体感したぞ!

2015年3月からスタートした「チームしゃちほこのほっと見聞録」。
これまではメンバー2名で、にぎやかにお届けしてきましたが……。1年間の成長を見てもらうべく、リポーターを1名にプチリニューアル!

初回は伊藤千由李ちゃんが、花火職人さんの現場に潜入。華麗な打ち上げ花火がどのようにつくられるのか、はりきってリポート!

岡崎市の山奥に広がる花火制作現場は、 今年の花火大会に向けて大忙し!

最初にちゆちゃんが訪れたのは、1887年創業の磯谷煙火店です。
「周りを見渡しても自然ばかり! なんでこんな山奥で花火をつくっているの?」(ちゆ)。
取材先はちゆちゃんも驚く、かなりの山奥です。明治時代には、秋の収穫を終えた農家が趣味で作っていたという花火。当時は、火薬が自然発火するなど、危険と隣り合わせだったそう。
「現在、事故はほとんどありませんが、万が一に備えて、周りに民家がない山奥でつくっているんですよ」(尚孝さん)。

花火発祥の地、三河で130年以上花火を作り続ける老舗4代目の尚孝さんは、伝統を継承しながらも新しい花火の創作に意欲的な職人さんです。
「1989年には、コンピュータと電気点火を組み合わせた点火器を開発して、メロディー花火を完成させました」(尚孝さん)。
「音楽に合わせて打ち上がる花火って、ロマンチック〜!」(ちゆ)。


最初の訪問先、磯谷煙火店です。どんな話が聞けるかな?




「見る人が感動するような花火をつくりたい」(尚孝さん)。「なるほど、なるほど」(ちゆ)。


「昭和5年、豊川稲荷 本殿完成のお祝いに二尺玉を打ち上げた記録が残っています」(尚孝さん)。




入口には、競技花火大会でもらったトロフィーがズラリ。「花火師さんが技を競う大会もあるんだね」(ちゆ)。



メロディー花火の進化版、ドラマチックハナビを観賞。「ストーリーに引き込まれるね」(ちゆ)。




打ち上げ時には、直径300mに開く10号玉(尺玉)。「とっても重くて、ビックリ!」(ちゆ)。


2軒目の磯谷煙火工場へ。「実際に、花火をつくってるところを見せてください!」(ちゆ)。


花火制作の現場には「危険区域」の看板が!ちゆちゃんのリポートは続行できるのか!?


続いて、同じく岡崎市の磯谷明煙火工場へ。ここでは、明さんと清さんの兄弟で花火を作り続けています。
「ここもさっきと同じで、一つひとつの作業現場が離れているんだね!」(ちゆ)。

「事故がおきた際、他の作業現場に広がらないよう、間隔を空けています。さらに、どてや防火塀を設置して、万が一に備えているんですよ」(清さん)。

ちゆちゃんは、大自然の中に点在する作業現場を一つひとつのぞいて、実際に花火のつくり方を学びます。 「これで、花火のつくり方はバッチリ!今つくっている花火は、7月30日(土)に開催される『第60回記念 全国選抜長良川中日花火大会』で打ち上げられるんだって! こっそりお願いして、オリジナルの花火を打ち上げてもらっちゃおうかな??」

オリジナル花火制作をお願いしたよ!
ちゃっかり(?)、メンバーの図案を持参していたちゆちゃん。
チームしゃちほこオリジナル花火はできるのか?

「明さん、清さん! 私たちが考えた花火のイラストを見てください!」

「夜空にしゃちほこの『S』を打ち上げたいんです!」「う〜〜ん」

「どれも難しいものばかりだな〜」「そこをなんとか、お願い!」

「これは、試し打ちも必要だから…たいへんそうだな〜」「ダメ?ダメ??」

「前向きに考えてみましょう」「やった〜〜〜〜〜〜!!!!」

メンバーが考えたオリジナルの花火はこちらをクリック! 実際にどの花火が打ち上げられたか、7月30日(土)に開催される「第60回記念 全国選抜長良川中日花火大会」を見に来てね! (後日、中日新聞ほっとWebでも報告します!)

しゃちほこNEWS!
メンバー直筆の取材リポートだよ!

取材後記
取材に体験に一生懸命がんばったちゆちゃんの感想は……?



アザーカットで奮闘の様子をチェック!
他では見れないメンバーの表情だよ!
今回おじゃました企業様
●磯谷煙火店  
●磯谷明煙火工場



ういろうイエローのちゆちゃんが、岡崎市の花火制作現場を訪れました。そこで花火のつくり方を学んだちゆちゃんが、花火職人さんに「私たちのオリジナルの花火を作って〜!」と、ちょっと強引(!?)にお願い。メンバーの手描きイラストを見ながら「これは難しいなぁ〜」と頭を抱えてしまった職人さんですが、ちゆちゃんの真剣なまなざしについにOKを出してくれたのです。
今回は、そのチームしゃちほこのオリジナル花火が打ち上げられる「第60回記念 全国選抜長良川中日花火大会」の現場をリポートします。



花火大会当日は、ビジョントラックでメンバーのコメントも配信。太陽が照りつける昼の会場で、注目を集めていましたよ!



約35万人もの人で埋め尽くされた長良川河畔。花火が打ち上げられる瞬間を、今か今かと待ちわびます。

花火大会当日の7月30日は、30℃を超える真夏日にも関わらず会場には昼から大勢の人が訪れ、音花火や煙花火を楽しんでいました。
入場口付近に設置されたビジョントラックでは、チームしゃちほこ メンバーからのメッセージやPVを配信。オリジナル花火への期待が徐々に高まる中、オープニングスターマインがカウントダウンとともに打ち上げられました!
チームしゃちほこオリジナル花火が打ち上げられる時間まで、仕掛花火や日本煙火芸術協会特別作品銘品集などが、夜空を華やかに演出します。
そして、ついにオリジナル花火が打ち上げられる瞬間がやって来ました。

メンバーが考案した8種類の花火が見事に打ち上がりました!

元のデザインはこれ!(クリックでPDFが表示されます)

ちゆちゃんとはるなちゃんがデザインした「スマイル」

ちゆちゃんがデザインした「千輪」

ほのかちゃんがデザインした「エビフライ」

ほのかちゃんがデザインした「しゃちほこ」

ゆずきちゃんがデザインした「星」

ゆずきちゃんがデザインした「ハート」

なおちゃん自らの名前をかたどった「ナ」

なおちゃん自らの名前をかたどった「オ」

チームしゃちほこNEWS



チームしゃちほこプロフィール
スターダスト芸能3部所属の名古屋在住アイドル6人組。
路上デビュー5年目を控える2016年、"VICTORY YEAR"のスローガンのもと、その第一弾シングルとして4月7日に「Chérie!」をリリース。また5月に開催される幕張メッセ2 DAYSを皮切りに5年目に5公演で5万人を動員するライブ計画を発表。この5年目5公演5万人のラストには彼女たちの当初からの目標であった「日本ガイシホール」が控えており、今後更なる飛躍が期待される。