Report No.5
安藤七宝店 七宝焼(名古屋市昭和区)


古代エジプトからヨーロッパ、シルクロードを経由して日本に伝来した装飾品、七宝焼の工房に潜入します!

第5回目の訪問先は、創業130年を超える「七宝焼」の老舗です。
江戸時代には名古屋城の一部にも施されたという七宝焼が、どのように完成するのか……。

「小ちゃくたって名古屋嬢!」な咲良菜緒と伊藤千由李の2人が、体当たりリポート!



無形文化財に指定されている七宝焼がどのようにつくられているのか、工房を直撃〜!

今回、2人が訪れたのは、名古屋市昭和区にある七宝焼の工房「安藤七宝店」。尾張七宝の基礎をつくり上げた梶常吉の孫を初代工場長に招き、創業の明治13年から現在に至るまで、尾張七宝の中心を担い続ける老舗です。

ちょっと高級なイメージのある七宝焼に、最初はドキドキしっぱなしの2人でしたが、優しい職人さんの対応に徐々に緊張もほぐれ……。工場長の柴田さんを質問攻め! 「そもそも、七宝焼ってなんですか?」「では、一から説明いたしましょう」()。

「まずは、デザインを作成します。昔は全て手書きでしたが、一部パソコンも導入しています」()。「かわいい鯛だね!」「めで鯛~♪」()。
続いて、素地加工の現場へ。「鉄板の上で素地を叩いて、凹凸をつくります」()。
「見て! この細かさっ!」デザインに沿って、銀線を張り付ける銀線付の作業の細かさに驚きです()。このツボに銀線を張り付けるだけで、4・5か月かかるんだって!」()。

「わぁ〜! キレイ!」釉薬差しの作業を経て、徐々に七宝焼らしくなっていきます()。740〜800度で焼上げる焼成室に入って「この部屋、すっごく暑いね!」()。
最後に研磨してできあがり。「こんなに時間をかけてつくられるなんて……。そりゃ、高価なはずだわ」「金属板の上に、ガラス質の釉薬をのせて焼くなんて、知らなかったよ~」()。

 








しゃちほこNEWS!
メンバー直筆の取材リポートだよ!

取材後記
ベテラン職人さんを前に、ちょっと緊張気味だった2人の感想は……?



アザーカットで奮闘の様子をチェック!

今回おじゃました企業様
安藤七宝店
【住所】愛知県名古屋市昭和区  御器所1-11-1(工房)      
愛知県名古屋市中区栄   3-27-17(店舗)
  【電話】052-251-1373(店舗)  
  【URL】株式会社 安藤七宝店
 
  昭和32年に七宝焼が無形文化財に指定されると同時に、文化財保護委員会無形文化財選定工場に認定。宮内庁御用達として、銀座にも店を構える。
チームしゃちほこプロフィール
スターダスト芸能3部所属の名古屋在住アイドル6人組。
路上デビュー5年目を控える2016年、"VICTORY YEAR"のスローガンのもと、その第一弾シングルとして4月7日に「Chérie!」をリリース。また5月に開催される幕張メッセ2 DAYSを皮切りに5年目に5公演で5万人を動員するライブ計画を発表。この5年目5公演5万人のラストには彼女たちの当初からの目標であった「日本ガイシホール」が控えており、今後更なる飛躍が期待される。

   
この記事を共有する
ページの先頭へ