Report No.4
名古屋提灯 雅創作工房 (名古屋市 西区)


神社仏閣、お祭りだけでなく、街の飲食店の軒先を彩る
名古屋提灯の工房に潜入します!

第4回目の訪問先は、創業195年を誇る「名古屋提灯」の老舗です。
明治初期には、国内向けの生産だけでなく貴重な輸出品として、生産量全国一を誇った「名古屋提灯」が、どのように作られているのか……。

「小ちゃくたって名古屋嬢!」な安藤ゆずと大黒柚姫の2人が、体当たりリポート!



お盆提灯や土産提灯を作る老舗の工房でお話を伺います!!

2人が訪れたのは、名古屋市西区にある名古屋提灯の工房「雅創作工房」です。創業195年を誇る老舗で、伝統的なお盆提灯はもちろん、外国人観光客に人気のミニ提灯や飲食店の軒先に吊るされる提灯などを手がけています。お話を伺うのは、6代目店主の堀田さんです。「今日はよろしくお願いします!」()。
まずは、名古屋提灯の歴史についてお勉強。「最盛期には年間36万個の提灯を作っていたんですよ」()。そして、さまざまな種類の提灯を見学します。「雪だるまの提灯、かわいい!」()。
続いて、作業現場に潜入です()。見慣れない工具に驚きつつ……。「あ、提灯の形になってきた!」()。雅創作工房では、提灯の絵付けは全て手描きなんです!「カーブしたところに絵を描くのって、難しそー」()。「まずは、下描きから始めるんだね」()。絵付けが済んだ提灯は、油引きという作業に入ります。「植物性の油を薄く塗って、雨をはじくようにするんだって!」()。 
最後に、堀田さんの夢を尋ねたところ……「伝統を支える技術を守りつつも、人々をアッと驚かせる提灯を作りたい!」と瞳を輝かせながら話してくれました()。

 








しゃちほこNEWS!
メンバー直筆の取材リポートだよ!

取材後記
慣れない取材に、ちょっと緊張気味だった2人の感想は……?



アザーカットで奮闘の様子をチェック!

今回おじゃました企業様
雅創作工房
【住所】愛知県名古屋市西区上名古屋1-11-5     
【電話】052-528-5360
【料金】名古屋提灯の組み立てと
    絵付け体験は1人700円~。
    ※開催日時などの詳細は
     要問い合わせ
【公式サイト】
    提灯の老舗(有)雅創作提灯
 
日本古来の伝統的な形の提灯はもちろん、オリジナルのデザインを施した創作提灯までを手がける老舗。今後は「おばけ」をテーマに、人々を驚かせる提灯作りにも取り組む。
チームしゃちほこプロフィール
スターダスト芸能3部所属の名古屋在住アイドル6人組。
路上デビュー5年目を控える2016年、"VICTORY YEAR"のスローガンのもと、その第一弾シングルとして4月7日に「Chérie!」をリリース。また5月に開催される幕張メッセ2 DAYSを皮切りに5年目に5公演で5万人を動員するライブ計画を発表。この5年目5公演5万人のラストには彼女たちの当初からの目標であった「日本ガイシホール」が控えており、今後更なる飛躍が期待される。