Report No.1
まいあめ工房(名古屋市)


切っても切っても同じ絵が出てくる組み飴の工場に潜入します!

記念すべき第一回目の訪問先は、オリジナルの組み飴をつくる「まいあめ工房」。甘~い飴がどうやってつくられているのか、絵はどのように組み立てるのか……。

「小ちゃくたって名古屋嬢!」な大黒柚姫と伊藤千由李の2人が、体当たりリポート!



甘い香りが漂う工場で組み飴づくりを学びます。

2人が訪れたのは名古屋市内の「まいあめ工房」の工場です。工場の扉を開けたとたん漂う甘い香りに、思わずニコニコ(写真1)。

まずは、社長の中村さんに、組み飴の作り方を教わります(写真2)。続いて、実際につくるところを見せてもらいますが、飴を炊く作業現場はとても暑いのです(写真3)!

途中、ソーダ味を味見させてもらったり(写真4)、 職人技に感心したり(写真5)、初めて見る機械に驚いたり(写真6)……。そして、できたての組み飴をパクっ(写真7)!

一通りの工程を見学した後は、社長の中村さんと飴職人の浅野さんに質問攻撃(写真8)! 組み飴づくりの苦労や、やりがいなどを真剣に聞きました。

飴のできの善し悪しは「噛んで確かめる」という浅野さんの言葉には、ふたりともビックリ。いい飴は水分が少ないので、噛んでも歯にくっつかないそうです。勉強になります!

 








しゃちほこNEWS!
メンバー直筆の取材リポートだよ!

取材後記
初めての取材に、ちょっと緊張気味だった2人の感想は……?



アザーカットで奮闘の様子をチェック!

今回おじゃました企業様
まいあめ工房(名古屋市)
 電話:052-532-1211
 公式サイト:まいあめ工房
 
ベテランの飴職人が丹念に絵柄を組み上げてつくる「オリジナルの組み飴=まいあめ」。世界に一つだけのオリジナルキャンディーは、販促グッズやノベルティー、ブライダルギフトとして大人気だ。
チームしゃちほこプロフィール
スターダスト芸能3部所属の名古屋在住アイドル6人組。
路上デビュー5年目を控える2016年、"VICTORY YEAR"のスローガンのもと、その第一弾シングルとして4月7日に「Chérie!」をリリース。また5月に開催される幕張メッセ2 DAYSを皮切りに5年目に5公演で5万人を動員するライブ計画を発表。この5年目5公演5万人のラストには彼女たちの当初からの目標であった「日本ガイシホール」が控えており、今後更なる飛躍が期待される。