第11回
サントリーウイスキー「知多」(知多蒸溜所/知多 風香るBAR)

愛知県でウイスキーがつくられているって、ご存知ですか?

実は私……、自宅に友人を招いて、ハイボール会を開催してしまうほどのハイボール好きなのです。ハイ。
今回の取材は、そんな私にうってつけの場所、ウイスキーの蒸溜所!しかも場所が、愛知県 知多半島!!
「えっ!? 愛知県でウイスキーがつくられているの?」って思った方、私も同じです。愛知県でウイスキーがつくられているなんて、不覚にも知りませんでした。
地元のウイスキー「知多」って、どんな味わいなのかしら~?
※通常、知多蒸溜所の見学は受け付けていません。

広大な敷地でウイスキー「知多」はつくられています!

名古屋から車を走らせること、30分と少し。伊勢湾に面した知多半島に広がる、知多蒸溜所に到着です。
サントリーのウイスキーと言えば、「山崎」や「白州」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ここ知多蒸溜所は、白州蒸溜所より1年早い1972年の設立なんです。そんなに前から、愛知県でウイスキーづくりが行われていたなんて、知りませんでした……。
知多蒸溜所では、まずその広さにビックリ!約5万平方メートルの敷地(ナゴヤドームに匹敵する広さです!)で、主にグレーンウイスキーを製造。蒸溜方法や熟成樽によって、タイプの異なるグレーンウイスキー原酒のつくり分けを行う、世界でも稀な蒸溜所なんです。


ちょっと待って……、そもそもグレーンウイスキーって何?そんな私に、蒸溜所責任者の前村さんが、ウイスキーの基本を丁寧に教えてくださいました。
ウイスキーには、トウモロコシなどの穀物を主原料に連続式蒸溜機で蒸溜した「グレーンウイスキー」と、大麦麦芽を主原料に単式蒸溜器で蒸溜した「モルトウイスキー」の2種類があります。それらをブレンドしたものが「ブレンデッドウイスキー」です(フムフム……)。
ちょっと難しくなってしまいましたが、ここでつくられているグレーンウイスキーは、サイレント・スピリッツとも呼ばれるほど、クセがなく飲み口はとても穏やか。料理で例えるとダシのような存在で、ブレンデッドウイスキー(サントリーでは「角瓶」や「オールド」など)の味の土台を支える影の功労者なんです。
2015年9月に発売された「知多」は、単独で商品化されることが珍しいグレーンウイスキーのみをブレンドしたもの。サントリーでは11年ぶりの新商品なんです!

前村さんと一緒に、原酒の試飲です。


これが試飲した3種類の原酒と「知多」。原酒はなかなかお目にかかれない、とっても貴重なもの。

蒸溜所の模型を見ながら、ウイスキーづくりを教わります。

私の後ろにそびえ立つのが連続式蒸溜機。高さはなんと30m!

お待ちかねの試飲タイムです!

ウイスキーの基本や「知多」の魅力をしっかりと教わった後は、お待ちかねの試飲タイムです(ウフ!)。今回は「知多」を構成するメインの原酒3種類を出していただきました。
連続式蒸溜機と熟成樽の使い方によってつくり分けられた「知多クリーン原酒」「知多ヘビー原酒」「知多ワイン樽原酒」です。
まずは「知多クリーン原酒」から。甘い香りと、口の中にスーッと広がるなめらかな口当たりが特徴です。続いての「知多ヘビー原酒」は、穀物の複雑な香りとボディ感を感じます。最後の「知多ワイン樽原酒」は、ベリーのような甘い香りにちょっと酸味のきいた味わい……コレが一番好きかも!!
もちろん「知多」も試飲しましたよ!約10種類の原酒がブレンドされているので、幅のある香りと味が楽しめます。あぁ〜、今日もまたほろっと飲みたくなってきました……。


そんな私に、ありがたいお言葉が!「名古屋駅に、知多が味わえるスタンディングバーが期間限定でオープンしているんですよ」。これは、行かない訳にはいきません(笑)!
さっそく、待ち合わせスポットとしても人気のナナちゃん人形前にある「知多 風香るBAR」へ急行です。ここでは、「知多」の軽やかな飲みごこちが楽しめるハイボールと、それにあわせた一品メニューが味わえます。
まずは、ベーシックなハイボールから……。ほのかな甘みとしっかりとした熟成感を残しつつ、飲み口はとってもさわやか!これは、どんなお料理とも相性抜群のまさに食中酒ですね。さらにお料理は、うなぎの山椒煮、知多と醤油に漬けた卵黄、甘栗の柚子味噌田楽……、どれもハイボールにぴったり。
サントリーウイスキー「知多」と絶品のつまみに、今日も杯が進んでしまう私なのでありました。
※「知多 風香るBAR」では、原酒の試飲はできません。

「知多 風香るBAR」には、オリジナルドリンクがたくさん!


左から、ベーシックな「知多 風香るハイボール」「山椒」「すだち」。

店内は、まるでオシャレな割烹料理店のよう!

知多蒸溜所の蒸溜塔をイメージした、ハイボールタワーです。

遼河はるひの体験後記

今回は大人なお酒(って、私も十分大人なのですが……)、ウイスキーを身近に感じることができ、ハイボール好きとしてとっても勉強になる取材でした。
しかも、多彩な原酒づくりの歴史と技が生んだサントリーウイスキー「知多」が、愛知県でつくられているなんて。ちょっと、誇らしくなりますよね!
名古屋駅にある「知多 風香るBAR」には、オリジナルハイボールやご当地食材を使った一品がたくさん!2017年3月末までの限定オープンなので、気になる方はお早めにどうぞ!

「知多 風香るBAR」は、お仕事帰りの一杯におすすめです!

SHOP DATA
■サントリーウイスキー「知多」

【HP】 http://www.suntory.co.jp/whisky/chita/
※通常、知多蒸溜所の見学は受け付けていません。
■知多 風香るBAR
【住所】 愛知県名古屋市中村区名駅1-2-4 名鉄百貨店本店[メンズ館]ナナちゃん人形横
【営業時間】 (平日)15:00〜23:00(LO22:30)
(土日祝)11:00〜23:00(LO22:30)
※2017年3月31日までの限定オープン(予定)
【料金】 http://www.suntory.co.jp/whisky/chita/bar.html
遼河はるひ プロフィール

愛知県名古屋市出身。元宝塚歌劇団・月組男役スター。高校生の時に初めて観た宝塚に魅せられ、1994年、宝塚史上もっとも倍率の高い年に宝塚音楽学校に入学。1996年、宝塚歌劇団入団。数々の舞台を経て、2009年退団。退団後は、女優・タレントとして活動。バラエティ番組にも多数出演し、活躍の幅を広げている。

舞台 『アニー』(2016年)
『エリザベート』(宝塚歌劇団2009年)
映画 『はなちゃんのみそ汁』(2015年)
ドラマ 『癒し屋キリコの約束』(2015年)
CM 『豆腐よーぐるとぱっく 玉の輿(盛田屋)』