第9回
ワイナリー巡り(アズッカ エ アズッコ)

豊田市の最西端でワインを造る、仲良しご夫妻を直撃!

今回は、ブドウの栽培から醸造までのすべてを自分たちの手で行う、ステキなご夫妻の情報をキャッチ! さっそく、お二人のワイナリーにおじゃましました。

豊田市という身近な土地でワインが造られていることにも驚きましたが、なぜお二人が豊田市でワイン作りをはじめたのか等々……。
と〜っても気になります!

今日もステキなお酒と人との出会いを求めて、出発です!

ログハウス風のかわいいワイナリーに到着です!

名古屋から車を走らせること40分。見えてきたのは、豊かな自然に囲まれた小さなワイナリー「アズッカ エ アズッコ」です。 取材時は、ブドウの収穫を終えたばかりで、仕込みやこの11月にリリースされる新酒の準備で忙しい時期だったのですが……。さわやかな笑顔で出迎えていただき、それだけでもファンになっちゃいそう……。 そんなやさしさに甘えて、今回もいろいろと聞いちゃいますよ〜!

東京の大学で出会ったお二人。当時、ご主人の大介さんはワインが苦手だったそうですが、奥さまのあずささんのワイン好きに影響されて、徐々にワインの魅力に取りつかれていったそう(まさに、愛の力!)。


大学を卒業後、お二人は周囲の心配をものともせず、イタリアへワイン造りの修業に出かけます。そこで、畑仕事や醸造技術はもちろん、イタリアの空気を肌で体感。「その土地の食べ物やワインをい〜っぱい食べて飲んで、そして働いて……充実した3年間を過ごしました。その経験のなかで、生まれ育った土地の個性を大切にするイタリア人の気質にひかれたんです」(大介さん)。
おそらく、研修中にはいろいろご苦労をされたはず(?)なのに、それを楽しそうに話すお二人に、私はイタリア人気質を感じましたよ!

ワイナリーではトカラヤギのぐりちゃんがお出迎え。


須崎ご夫妻と話をしているだけでも、元気がもらえちゃう!

ワイナリーから車で40分ほど離れた場所にある畑です。

実ったブドウは一房ずつ丁寧に、手で収穫をしていきます。

2014年に念願の醸造所をオープン!

イタリアから帰国したお二人は、新規就農の高いハードルに直面しながらも、確実に前へと歩み続けます。2006年の春には、ブドウ畑の土地を入手。「もともと牧場だった土地なので、最初はまだモ〜モ〜って牛が歩いていたんですよ(笑)」(大介さん)。 隣であずささんも笑いながら「日本に戻ってから、二人の珍道中が続いてます」。 苦労を笑い飛ばすお二人に「できないものはない」って言われているようで、私も勇気をもらっちゃいました。


そして、初めてブドウを収穫したのが2008年のこと。でも2013年までは、醸造の免許が取得できず、委託醸造でワインを造っていたそう。 2014年には念願の醸造所をオープンし、ブドウの栽培から醸造まですべてを自分たちの手で行う「アズッカ エ アズッコ」のワインに向けて、大きな一歩を踏み出したのです。 そんなお二人が造るワインは、いったいどんなお味なのかしら?

「私たちは『どんなワインを造りたいか』ではなく、『この土地ではどんなワインが造れるのか』を大切にしています。今年は畑にブドウの苗を植えて10年目。さらに土地の魅力を引き出せるよう模索していきたいです」(大介さん)。 須崎ご夫妻が造る「愛知県のワイン」がこれから、どのような成長を遂げるのか、私も楽しみにしたいと思います。そして、愛知県出身の一人として、地元の味で今宵も乾杯〜!!

とっても気さくな須崎ご夫妻。人の良さがにじみ出ています。


今年仕込んだワインが並んでいる貯蔵庫に特別に入らせていただきました。

なんと!蔵人しか味わえない仕込みたてのワインを試飲させてもらいました。

フレッシュな果実味と軽やかな香り! 初めての味わいに、舞い上がっちゃいます。

遼河はるひの体験後記

今回の取材では、今年仕込んだばかりのワインを試飲させてもらいました。まだ発酵が残っているので、口の中で少しピチピチするのにはビックリ。でも、口に含んだ瞬間に広がるフレッシュな香りと味わいは、トリコになりそう……。
他に、昨年のワインも飲ませていただきましたが、どれもブドウの個性が前面にしっかりと出ていて、これがとってもおいしいんです!
現在はワイナリーで販売もしていますが、数に限りがあるためすぐに売り切れてしまうそう。次回は、11月26日から販売を再びスタートされます。ぜひ、足を運んでみてくださいね!

どのワインも個性豊かでした。これが愛知の味わいなのね!

SHOP DATA
■アズッカ エ アズッコ

【住所】愛知県豊田市太平町七曲12-691
【電話】0565-42-2236
【営業時間】土曜・日曜の13:00〜17:00
※現在は完売のためクローズ。11月26日から販売がスタートします。
【HP】http://azu-azu.sakura.ne.jp/

遼河はるひ プロフィール

愛知県名古屋市出身。元宝塚歌劇団・月組男役スター。高校生の時に初めて観た宝塚に魅せられ、1994年、宝塚史上もっとも倍率の高い年に宝塚音楽学校に入学。1996年、宝塚歌劇団入団。数々の舞台を経て、2009年退団。退団後は、女優・タレントとして活動。バラエティ番組にも多数出演し、活躍の幅を広げている。

舞台 『アニー』(2016年)
『エリザベート』(宝塚歌劇団2009年)
映画 『はなちゃんのみそ汁』(2015年)
ドラマ 『癒し屋キリコの約束』(2015年)
CM 『豆腐よーぐるとぱっく 玉の輿(盛田屋)』