名古屋おもてなし武将隊が、中日新聞販売エリア統一を目指し、平成の世に誕生した新しいスポットを巡ります。中日新聞の地方版ごとに分けられたエリアをたずね、そのエリアを代表するスポットをご紹介(制覇)。

第四回目は、豊臣秀吉が「松阪・紀勢版エリア」を訪れました。

参戦地 其の四:松阪・紀勢版エリア


松阪農業公園ベルファーム


広さ23ヘクタール、およそ東京ドーム5個分の広大な敷地を持つ、松阪農業公園ベルファーム。四季折々の花が咲き誇る園内では、体験講座や買い物が楽しめます。

「自然あふれるイングリッシュガーデンで癒されるがや?!」
「松阪市には、花と緑にあふれる癒しスポットがあると聞く。ワシも癒されに行ってみてゃあのぅ」

今回、大閤こと豊臣秀吉が訪れたのは、「松阪農業公園ベルファーム」です。園内には、季節の花々が咲き乱れるイングリッシュガーデンをはじめ、広々とした芝生広場や、池をぐるりと一周する遊歩道があり、のんびりと散策を楽しめます。

レストランや市場などの施設も充実し、季節に合わせて様々な体験講座が行われているのも特徴です。

「なになに?松阪といえば、かの有名な松阪牛も安く手に入るじゃと?!ここなら信長様が喜ぶ土産もありそうじゃの。いざ参る!」

「ここが広さ約1.4ヘクタールのイングリッシュガーデンじゃ。英国風の庭園をのんびり見て回ろうでにゃあか!」

イングリッシュガーデンでは、自然に近い状態で咲く花々が見られます。「あまり手を加えずに、松阪の風土を生かしたガーデンなのじゃ。雅よのぅ……」

「まるで気分は英国紳士じゃ。極楽、極楽~」ガーデン内には、緑に囲まれてくつろげるベンチも置かれています。

入口にあるガーデンカフェ ルーベルでは、地元食材を使ったジェラートが味わえます。「四日市産の抹茶ジェラートはクリーミーで濃厚なのが、たまらんがや?!」
※ガーデン内は、飲食禁止です。

広い敷地内では、グラウンドゴルフ(有料)を楽しめたり……。「うーむ、やり始めるとハマるのぅ。一発必中だがや?」

昔懐かしい竹馬に挑戦できたり……。 「どうじゃ、ワシのこのバランス感覚は!まだまだ、若いモンには負けんでね」

ハンモックでくつろいだりもできます。「ふぅ、たくさん遊んだら何だか眠たくなってきたのぅ。ちょいとばかし休憩じゃ」

「食材や土産を買い物できる市場もあるんじゃ?!」
広い園内を散策しながら、たっぷり遊んだ秀吉。続いてやって来たのは、ベルファーム農家市場です。ここには、地元農家から毎日届けられる新鮮な野菜や果物がずらり。野菜を使ったドレッシングなどの調味料や、お茶、生花なども販売されています。

「季節ごとに約40種類もの野菜が並ぶんじゃと。どえりゃぁ人がおるのぅ」

さらにその向かいには、松阪牛の肉や地元特産品などの土産物がそろう、松阪商会もあります。

「では、さっそく信長様の喜びそうな土産を探しにいこみゃあ!」 買い物カゴを片手に、農家市場へ出陣です!

体験講座でも使われている野菜。ドレッシングを付けて試食ができることも。「みずみずしい野菜たちがてんこ盛りじゃのぅ。ワシは農民の出だで、野菜にはちとうるさいのじゃ!」

「卵も赤や白、豊富にそろっておるぞ。食材の調達には持ってこいじゃのぅ」新鮮な卵が、たくさん販売されています。

「なんと!海産物まであるがね。大漁じゃ~!」地元の魚屋さんが販売する、干物などの加工品も人気です。

続いて向かったのは、地元特産品が豊富にそろう、松阪商会。「信長様が気に入る土産物はあるかの~?」

「松阪といえば、松阪牛だがや。地元だからお値打ちなのじゃ!」低い温度で脂が溶ける松阪牛は、さっと火を通して食べるのがおすすめです。

「松阪牛を使った土産物がたくさんあるがや!」一番人気は、松阪牛入りの肉みそ。さらに、スイーツや工芸品などの土産も並びます。


「松阪牛を使った肉みそとピザ作りに挑戦じゃ!」
「なになに?松阪牛を使った料理体験ができるじゃと?ワシが心を込めて作ったものなら、信長様も喜んでくださるに違いにゃー!」
体験講座では、先生の指導のもと、タルトや松阪牛のウインナーなど、地元の食材を使った様々な料理にチャレンジできます。今回秀吉は、松阪牛の肉みそ作りとピザ作りに挑戦です。

「料理は慣れとらんが、大事なのは技より気持ちだて!まぁ見とりゃー」

まずは、肉みそ作りからスタート!野菜ソムリエの資格を持つ先生が、秀吉をサポートしてくれます。「白飯がすすむ味だそうじゃ。楽しみじゃの~」

松阪牛の牛脂とミンチを炒め、みりんなどの調味料を加えて煮詰めます。「肉だけでもいい香りじゃ。さすが松阪牛だがやぁ?!」

味噌を加え、木べらからぽてっと落ちる固さになるまで煮込みます。「松阪牛を引き立てる、濃厚なとっとき味噌を使うのじゃ」

根昆布とごま油で風味づけし、熱いうちに瓶に詰めます。「ワシの分と信長様の分が完成じゃ!信長様の似顔絵も描いたぞ。喜んでくれるかの~」

「しかし、献上する前に味見が必要じゃな……。信長様の分をちょいと失礼して……(モグモグ)。むっ、肉の味がしっかりして絶品じゃ!」

「お次は松阪牛のピザ作りじゃ。松阪牛を使うとは、どえりゃあ贅沢だがね!」調子に乗ってきた秀吉。なんと生地作りから挑戦です!

ボールに入れた粉とぬるま湯を手で混ぜ、ひとつにまとめます。「ぬぅっ、生地が手にくっついて、何とも言えぬ感触じゃ……」

生地を台の上に出し、10分ほどこねます。「この作業が生地をきめ細かくするのじゃ~。なかなか様になってきたワシの料理姿、見てちょー!」

発酵させた生地を延ばし、ソースと具材を乗せます。「微妙にひょうたん型なのが分かってもらえるかのぅ。信長様とワシにとって大切な、ひょうたんだがや!」

220度のオーブンで10分ほど焼いたら完成です。「たくさんこねただけあって、生地がモチモチだがね!松阪牛もたっぷりで満足じゃ~」

今回のスポット情報
松阪農業公園ベルファーム
【住所】三重県松阪市伊勢寺町551-3
【電話】0598-63-0050
【開館時間】9:00~18:00(施設により異なる)
【休館日】第2水曜日(祝日の場合は翌平日、施設により異なる)
【入園料】無料
【駐車場】あり(無料)
【公式サイト】松阪農業公園ベルファーム
名古屋おもてなし武将隊
名古屋おもてなし武将隊のご紹介
2009年11月、名古屋開府400年に合わせて6人の武将と4人の陣笠で結成。名古屋の魅力を全国に伝えるため、名古屋城を中心にさまざまなイベントで活躍する。
 ・公式HP:http://busho-tai.jp/