中日新聞ほっとWeb HOME > ほっとりっぷ > FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ ドリームズ)
  • 第9回
  • FLIGHT OF DREAMS
    (フライト・オブ・ ドリームズ)(愛知県常滑市)

ほっとりっぷメイン画像

2015年まで大空を飛んでいた
飛行機の迫力を間近で体感!

  • 吉村 唯(よしむら ゆい) アイコン
  • 尾張エリア担当リポーター
  • 渡邊 絢女
わたなべ あやめ
吉村 唯

思わずSNSにアップして自慢したくなっちゃう場所や、話題の新スポットなどを、地元女子5人がリポートする「ほっとりっぷ」。今回は、尾張エリア担当の私、渡邊 絢女が今年10月にオープンしたばかりのFLIGHT OF DREAMSをご案内。中部エリアの空の玄関、セントレアに完成した複合商業施設には、航空をテーマにした体験型コンテンツや、シアトルがコンセプトの商業エリアなど、気になるスポットがたくさん!その魅力をしっかりとリポートします!

実際に大空を飛んでいた飛行機が
目の前に!
前回、大好きな飛行機をテーマにした2つのミュージアム(あいち航空ミュージアム、MRJミュージアム)をリポートした私。今度は、セントレアに新しくオープンした施設に行けると聞き、取材前からとってもソワソワ!空港や飛行機って、なんでこんなに心がときめくのかしら…。
名鉄・中部国際空港駅から歩く歩道に乗って、約6分。向かった先は、壁面に大きな飛行機が描かれた、まるで倉庫のようなFLIGHT OF DREAMS。4階建ての建物ですが、この中に大空への憧れや夢がギュッと詰まっています!その中でも、今日は1階に広がるフライトパークの9つの体験型コンテンツを中心にご紹介。建築家やデザイナーなどのスペシャリストが所属するウルトラテクノロジスト集団、チームラボのプロデュースで、航空について楽しみながら学ぶことができるんですよ!
まず搭乗ゲートをモチーフにした入口から館内に進むと、目の前にはボーイング787初号機(ZA001)の実機(以下、ボーイング787)が!2009年から2015年まで実際に大空を飛行した、その存在感は抜群です!
さっそく、1つ目のコンテンツ「①フライ ウィズ 787 ドリームライナー」へ。ボーイング787と吹き抜けになった館内を、臨場感あふれる音や映像で演出するショーに、いきなり心を奪われます。まるで飛行機と一緒に飛んでいるかのよう! 続いて「②ボーイングファクトリー」へ。ここでは、世界最大規模の航空機組立工場、 ボーイングのエバレット工場をイメージした空間で製造工程を学びます。「③奏でる!紙ヒコーキ場」では、自分で折った紙飛行機を実際に飛ばします。最初はあまり飛ばなかった紙飛行機も、折り方を工夫することで飛ぶようになる、そんなトライ&エラーの経験を通して、飛ぶ仕組みへの好奇心を高めてくれます!
  • 1

    ①を楽しむには4階の観覧エリア(人数制限あり)がベスト。入り口で上映時間をチェックして、館内の階段のふもとで整理券を発行してもらいましょう。

  • 右下

    上から見るボーイング787も迫力満点!どんなショーが始まるのか、ドキドキ&ワクワクです。

  • 左下

    ボーイング787と広い館内をダイナミックに演出。2つのプログラムが上映されるので、どちらもチェックしてね!

  • 右下

    1階にいるお客さまの人数や位置をセンシングして色などが変化するため、何度見ても飽きないんですって!

  • 右上

    ②では、センターに投影された映像で、飛行機の製造工程が学べます。

  • 右下

    ③では、飛ばした飛行機に反応して空間全体の色が変わったり、音が鳴り響いたり、とっても楽しい仕掛けが!

大人もおもわず夢中になるコンテンツが
たくさん!
自分で色を塗った飛行機が、ドーム内を飛び回る「④お絵かきヒコーキ」。専用のタブレットを使って操縦することもでき、大人も夢中になる楽しさです。続いて向かった「⑤エアラインスタジオ」では、航空会社の仕事にチャレンジ!JALのCAの制服と同じ衣装を着て、セントレア〜ホノルル間の架空フライトで、CAのお仕事を体験します。その仕事ぶりはセンサーで診断し評価されるので、体験だからって甘く見てはいけません!私の結果は…ご想像にお任せします(笑)。
最後に「⑦歩いて集める飛行機図鑑」を体験。最初に入り口付近にあるQRからスマホにアプリをダウンロード。ボーイング787の周辺を歩きながら飛行機のパーツを探し、その役割を学びます。63のパーツをすべて集めると、ボーイング787の図鑑が完成し、記念にコンプリートバッジをプレゼント!
取材当日は平日だったため、週末限定の「⑧シアトル航空博物館ワークショップ」は断念。ほかにも、ボーイング787のコックピットを実際に見学できる「⑥ZA001コックピット」は長蛇の列。ボーイング787のコックピットをリアルに再現したシミュレーターで、本格的な操縦に挑戦できる「⑨787シミュレーター」は、WEBで事前予約が必要など、残念ながら一日では回りきれませんでした。また次に来た時は、絶対に体験するぞ!
4階建ての館内には、米国外初となるボーイングストア(1階)や、シアトル本場の人気メニューやショッピングが楽しめるシアトルテラス(2・3階)もあり、一日たっぷり遊べます。皆さんもぜひ、大空と飛行機の夢があふれるFLIGHT OF DREAMSを満喫してくださいね!
  • ④では、まずイラストに思い思いの色を塗って、オリジナルの飛行機を完成させます。

  • イラストをスキャンすると、オリジナル飛行機がドーム内︎に出現!なかなかカワイイでしょ!

  • 専用のタブレットで、オリジナル飛行機の操縦にチャレンジ!これが結構難しいんです!!

  • これも最後に、操縦の結果が…。私は、自分で色を塗った飛行機の飛ぶ姿に、つい興奮していまい…(笑)。

  • ⑤ではCAのお仕事にチャレンジ!憧れのJALの制服、よく似合っていると思いませんか(笑)?

  • ⑦では、飛行機を構成するパーツをゲットして、各パーツの解説や豆知識などを教えてもらいましょう。

的フォトジェニックな一枚
毎回、リポーターが取材中にスマホで撮影した写真の中から、もっともフォトジェニックな一枚をご紹介します。
フォトジェニックなアザーカットもCHECK!
DATA
shopフォト

FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)

【住所】 愛知県常滑市セントレア1-1
【電話】 0569-38-1195(セントレア テレホンセンター)
【駐車場】 あり
【HP】 https://flightofdreams.jp/

<FLIGHT PARK(フライトパーク)>
【営業時間】
 10:00~17:00(最終入場16:30)、
 土曜は10:00~19:00(最終入場18:30)
【入場料】
 大人(中学生以上) 1,200円、
 子ども(3歳〜小学6年生) 800円、3歳未満 無料

<SEATTLE TERRACE(シアトルテラス)>
【営業時間】
 飲食店10:00~22:00
 物販店10:00~18:00
 ※一部店舗で異なる
【入場料】
 無料