• 第8回
  • 東山動植物園(愛知県名古屋市)

ほっとりっぷメイン画像

話題のイケメンゴリラ、
シャバーニの新しいお家が完成!

  • 吉村 唯(よしむら ゆい) アイコン
  • 名古屋エリア担当リポーター
  • 吉村 唯
よしむら ゆい
吉村 唯

思わずSNSにアップして自慢したくなっちゃう場所や、話題の新スポットなどを、地元女子5人がリポートする「ほっとりっぷ」。今回は、名古屋エリア担当の私、吉村 唯が東山動植物園をご案内。名古屋市民の私にとっては、小さい頃から慣れ親しんだスポットなのですが、実は…日本最大級の敷地に日本一の展示種類数など、全国に誇れる動植物園なんです!そして今年9月には、新ゴリラ・チンパンジー舎がオープン。お引越しのため6月から非公開になっていた、イケメンゴリラのシャバーニに久しぶりに会いに行きます!

名古屋が全国に誇る動植物園なのです!
まずは、東山動植物園の豆知識を少しだけ…(コホンッ!)。名古屋市の東部に広がる、約400haもの東山の森。1937年、その東山の森に囲まれた約60haの敷地にオープンしたのが、東山動植物園です。日本最大級の敷地には、コアラやキリン、ゾウなどの人気動物から、小さなメダカまで約500種類を飼育。昨年の年間入場者数は上野動物園に次ぐ約260万人と、地元はもちろん全国的にも評判の動物園なんです。さらに2010年からは「東山動植物園再生プラン」として、大規模なリニューアルをスタート。今年9月には、3年前から整備が進められてきた新ゴリラ・チンパンジー舎がオープンするなど、ますます注目を集めています!
今回は、そんなできたてホヤホヤの新ゴリラ・チンパンジー舎に行ってきました。イケメンすぎるゴリラとして有名になった、ニシローランドゴリラのシャバーニ、昨年誕生したチンパンジーの双子たちが、新しいお家でどんな生活をしているのか、さっそくチェックしてきますね〜!
  • アフリカの森エリアに完成した、新ゴリラ・チンパンジー舎の入り口に到着!

  • 本物そっくりのゴリラのモニュメントを発見。チンパンジーもいるので、探してみてね!

  • まずは屋内展示室の入り口で、観覧情報をチェックしましょう!

  • 屋内の観覧通路には、ゴリラやチンパンジーの生態が学べる展示スペースも。

  • 迫力満点のモニュメントと一緒に記念撮影。
    「ハイ、チーズ!」

  • シャバーニの手形や足形も展示されています。私の顔より大きいかも!?

新しいお家はアフリカの森をイメージ!
正門を入ってすぐ左手に広がるアフリカの森。その名の通り、ゴリラやチンパンジーの故郷であるアフリカの森をイメージしたエリアです。その中の新ゴリラ・チンパンジー舎には、日本一の広さを誇る屋内展示室や屋外運動場を完備。さらに野生と同様に樹上の生活ができるよう、さまざまな工夫が凝らされているんです。
入り口を進むと、左にゴリラの屋外運動場が見えてきますが、まず最初に屋内展示室の前で観覧情報をチェックするのがおすすめ。観覧時間に合わせて、屋内展示室と屋外運動場を見学してくださいね。この日は屋内展示室で、柱やロープを組み合わせたタワーに悠々と佇むシャバーニの姿が!いつ見ても、その男前っぷりにうっとりしちゃいます…。そして、全国でも珍しい双子のチンパンジーは、屋外運動場のタワーで仲良く遊んでいました!ゴリラもチンパンジーも、新しいお家が気に入っているようです!
取材時、ゴリラの屋外運動場はまだ非公開でしたが、ゆくゆくは日本一の高さを誇るゴリラタワーで、野生を再現した樹上での様子が観察できるようになります。さらに、チンパンジーの屋内展示室に設置されているパンラボ(チンパンジーとラボラトリーを組み合わせた造語)では、液晶パネルを使ってチンパンジーの知能の高さを知ることもできるようになるんですって!どちらも楽しみですね!

※現在、ゴリラの屋外運動場は観覧可能(一部の時間帯を除く)です。ゴリラたちはその日の気分によって、屋内や屋外で過ごしているので、ぜひチェックしてください。
  • チンパンジーの屋外運動場には、最高15mのタワーが4基設置されています。

  • 昨年10月に誕生した双子のチンパンジー、カランとコエ。とってもキュートです!

  • 欲張りビューポイントからは、ゴリラとチンパンジーの屋外運動場が一度に見学できます!

  • 日本一の広さを誇るチンパンジーの屋内展示室では、ロープや柱を使って移動したり、遊んだりする様子を見学できます。

  • アリ塚に中に隠されたジュースを、枝を使って器用にペロペロ。なんてお利口さん!

  • やっぱり、一番人気はイケメンゴリラのシャバーニです。動くたびに、歓声が上がります!

フォトジェニックなアザーカットもCHECK!
DATA

東山動植物園

【住所】 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
【電話】 052-782-2111
【開園時間】 9:00~16:50(入園は16:30まで)
【休園日】 月曜日(祝日の場合は開園&翌平日休園)、年末年始
【入園料】 高校生以上500円、中学生以下無料
【駐車場】 あり
【HP】 http://www.higashiyama.city.nagoya.jp