中日新聞ほっとWeb HOME > ほっとりっぷ > 安城産業文化公園 デンパーク
  • 第3回
  • 安城産業文化公園
    デンパーク(愛知県安城市)

ほっとりっぷメイン画像

甘~い花の香りが漂う公園は
歩くだけでもワクワクしちゃう!

  • 藤川 瑠々 アイコン
  • 三河エリア担当リポーター
  • 松下 凪
まつした なぎ
藤川 瑠々

思わずSNSにアップして自慢したくなっちゃう場所や、話題の新スポットなどを、地元女子5人がリポートする「ほっとりっぷ」。3回目となる今回は、三河エリア担当の私、松下 凪が安城産業文化公園 デンパークへ。四季折々の花が咲き誇る園内で、初夏の一日をたっぷり満喫してきました。今年3月に登場した国内最大級の天然木遊具にも、注目ですよ!

色とりどりの花を楽しむ前に……!?
愛知県のほぼ中央、安城市に広がる安城産業文化公園 デンパークは、高さ19mのデンマーク風車がシンボルの市営公園。131,000㎡の広大な敷地に季節の花々が咲き誇る、まさに花の楽園なんです!ここで、公園の誕生に関する豆知識を一つ……。安城市がかつて「日本デンマーク」と呼ばれていたのを、皆さんご存知ですか?大正末期から昭和初期にかけ、農業と畜産が急速に発展した安城市は、世界的な農業先進国であるデンマークに例えられるほど、農業に関しての取り組みが先進的だったんです。「デンパーク」は日本デンマークの「デン」、田園の「デン」、伝統の「デン」と、公園の「パーク」に由来するんですよ。
なんて…広報の方の案内にうなずきながら到着したのは、フローラルプレイスと呼ばれる大温室。中に入るなり、鼻先をくすぐる花のいい香りに思わずウットリ……した私の目に留まったのは、オリジナル生パスタがいただける「カフェキッチン・ボノ」(笑)。腹が減ってはなんとやら…と、自分に言い聞かせつつ、思わず店に吸い寄せられてしまった私。美味しいパスタをいただいた後は、もちろん花をしっかりと満喫しましたよ!
左上

「カフェキッチン・ボノ」でいただいた「特製 カルボナーラ(840円)」と「ブルーベリーティー(420円)」。

左下

デンパーク内の工房で作ったベーコンと、地元JAの産直卵を使用。特注の生パスタは、モチモチの食感です!

右上

温室の入口近くに、ハム工房を発見!ドイツ農業協会の国際食品品質競技会で金賞を受賞したソーセージがいただけます!

右下

地元の米粉をブレンドした「安城フランク(350円)」をいただきます!(まだ食べるの!?って、言わないで〜)

  • 温室の横に広がるロマンチックガーデンを、のんびり散策。取材時には、花でハートが描かれていましたよ!

  • デンパークは3年前に恋人の聖地に認定。ロマンチックガーデン内にあるガゼボには、金色の認定プレートが取り付けられていて、カップルに人気のフォトスポットです。

花を満喫した後は、
童心に返って木製遊具で遊んじゃお!
温室やロマンチックガーデンで季節の花に癒された後は、今年3月にリニューアルした風車の広場に向かいます。デンマーク風車がシンボルの広場に新たに誕生したのは、天然木を使った国内最大級の遊具「リーチ・フォー・ザ・スカイ(※)」。ドイツのブランデンブルク州で採れるロビニア材を使用したナチュラルな木製遊具は、まるで秘密基地のような雰囲気。子どもはもちろん、大人もアスレチック感覚で遊べる遊具です。鳥かごのようなネットや吊り橋で、バランスをとっていると運動不足も解消されるかもしれませんよ。
しっかり体を動かした後は、またちょっと小腹がすいてきた私(食べてばっかり?)。風車の広場に面したマーガレットハウスに、同じく今年3月にオープンしたポテトフライ専門店に思わずフラフラ~っと…。ここでは、芋の種類やカットの方法が異なる5種類のポテトフライを販売。それに、6種類のソース、3種類のシーズニング(ポテトにふりかけるパウダー)の中から、好みの味が選べるんです。どれも美味しそうで、思わず3種類もオーダーしてしまったのですが、どれも美味しくてパッケージもオシャレ。これまでのポテトフライの概念が覆されるかも……。ごちそうさまでした!
季節の花々、国内最大級の木製遊具、美味しいごちそうがあるデンパークは、心も体も癒されるおすすめの場所ですよ!
※「リーチ・フォー・ザ・スカイ」の対象年齢は、9歳以上です。
  • 園内を約13分で一周する、かわいいメルヘン号(大人200円ほか)にも乗りました!

  • メルヘン号は、使用済みの植物性天ぷら油が燃料のディーゼルエンジン車なんですよ!

左上

高さ12mのタワーの間にブリッジやロープが張り巡らされた、大型木製遊具。天然木の曲線を生かしたデザインもステキ!

左下

ポテトフライ専門店「デリシャスファーム」では、クリスピー、ビンチェ、マチルダ(各350円)をチョイス。

右上

ポテトフライの本場ベルギーでも人気のサムライソースをつけていただきます!ニンジン風味のピリ辛味が、美味しい!

右下

足元から地面が見えるので、結構なスリルを体感できます。思わず夢中になって遊んでしまいました……。

フォトジェニックなアザーカットもCHECK!
DATA

安城産業文化公園 デンパーク

【住所】 愛知県安城市赤松町梶1
【電話】 0566-92-7111
【開園時間】 9:30~17:00(入場は~16:30)、冬期は9:30~16:30
※イベントなどにより異なる場合もございます。HPをご確認ください。
【休園日】 火曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始、1月中旬
【入園料】 大人600円、小・中学生300円ほか
【駐車場】 1,000台(無料)

※価格は税込表記です。