• File
    No.65
  • 中日新聞 紀伊長島専売所 中村新聞店

  • 中日新聞 紀伊長島専売所
    中村新聞店
    【住所】三重県北牟婁郡紀北町長島1011
    【電話】0597-47-1073
    【FAX】0597-47-5267
    中村 孝一さん
    明治36年(1903年)に創業した、老舗販売店の3代目店主。大学進学時に上京し、そのまま就職するが25歳でUターン。実家の別事業である書店や音楽教室の仕事を担当しながら2003年、56歳で店主に就任する。

地域に初めて新聞を持ち込んだ
祖父の意思を受け継ぐ3代目店主。

東に熊野灘、西に日本有数の原生林が残る大台山系を有する三重県南部の町、紀北町。明治36年(1903年)、そんな豊かな自然に囲まれた地に中村新聞舗は誕生しました。当時、国内ではロシアへの警戒心が強まり、明治37年(1904年)には日露戦争が勃発するなど、激動の時代。そんな中、初代店主だった中村さんの祖父は民間銀行の行員として津市まで出かけた際、新聞を手に取り驚愕します。「祖父が知り得なかった、戦争や国の状況が綴られていたそう。
そのころ紀北町は、列車も通らず、道路も整備されていなかった。いわゆる陸の孤島で、外からの情報が全く入ってこなかったんです」(中村さん)。使命感に駆られた初代は、苦労しながらも販売店を開設し、地域に初めて新聞を持ち込むことに成功します。
さらに、これも初めてとなる書店をオープンさせるなど、精力的に活動。「祖父の遺品を整理していたら、非戦論を唱えていた平民新聞が出てきました。持っているだけで政府の弾圧を受ける時代だったため、内密に取り扱っていたんでしょう…」(中村さん)。
その後、時代の変化に沿うように、販売店や書店だけでなく音楽教室の経営、ピアノの販売、調律を手がけるように。中村さんも入店後は、百科事典の販売や、ピアノの調律を担当。3代目に就任してからは、販売店の仕事に専念しながら、高齢化が進む地域の見守り役として活躍します。最後に、今後の目標を尋ねると、「書店や音楽教室を営みながら、販売店を継続させた先代たちの意志を受け継ぎ、今後も地元に根付いた存在であり続けたいです」と話してくれました。
  • 昭和16年(1941年)の手紙には、故 加藤巳一郎氏 元中日新聞社会長のサインが。

  • 中村さんが調律の勉強をしていた頃の資料。勉強を始めてから、自身の絶対音感に気づいたそう。

  • 現在も、JR紀勢本線・紀伊長島駅前で、書店と音楽教室を営んでいます。

販売店エリアのおすすめスポット

■道の駅 紀伊長島マンボウ

【住所】三重県北牟婁郡紀北町東長島2410-73
【電話】0597-47-5444
【営業時間】8:15〜19:00
【定休日】年中無休
紀北町の玄関口に位置する道の駅。名産の尾鷲ひのきをイメージした、大きな三角屋根が連なった外観が目印です。
館内では、地元の新鮮な海の幸や特産品を販売。中でも注目は、駅の名前にもなっているマンボウ。紀北町では昔から食用とされていて、地元の漁師たちは茹でたマンボウを味噌和えや酢みそで食べているそう。冷凍のマンボウ白身、マンボウみりん干しだけでなく、翻車魚(マンボウ)カレーやマンボウあられなどの加工品も豊富にそろうので、お土産にも最適です。
11月4日(日)には、芝生広場で「まんぼうまつり2018」を開催。マンボウの串焼き(400円)のほか、幻のカキと言われる、渡利カキなどが登場します。
  • マンボウの加工品は、お土産におすすめです。

  • 地元の河村こうじ屋で造られた味噌も人気です。

  • 週末や繁忙期には、ボリューム満点のマンボウの串焼きが登場。

■ホテル季の座(ときのざ)

【住所】三重県北牟婁郡紀北町東長島3043-4(城ノ浜)
【電話】0597-46-2111
熊野灘の雄大な情景を抱く温泉リゾートホテル。地下1,800mから湧き出る天然温泉「きほく千年温泉」はもちろん、新鮮な魚介をふんだんに使った料理が評判です。特に、紀伊長島産の干物を備長炭で炙っていただく朝食は、楽天トラベル朝ごはんフェスティバルに3年連続三重第1位に選出。バイキング形式のため、心ゆくまでいただけるのもうれしいポイントです。
夕食は、その日に紀伊長島港で水揚げされた魚介から料理長おすすめの3種と、お客様が選んだ2種をお造りにする、プリフィックス会席。紀伊長島港は三重県下魚種一位を誇り、珍しい魚に出会えることも…。
お部屋は、純和風の「ホテル季の座」25室、自然の森に佇む「フォレストコテージ」20室の計45室。世界遺産に登録される熊野古道の散策にも、とても便利です。
  • 小さな島々が連なって見える紀伊の松島を望む露天風呂。

  • 朝食は目の前の七輪を使い、自分で干物を炙っていただきます。

  • 夕食はズラリと並んだ魚介から、2種類を選んでお造りに。