• File
    No.63
  • 中日新聞 蒲郡専売所 鈴木新聞舗

  • 中日新聞 蒲郡専売所
    鈴木新聞舗
    【住所】愛知県蒲郡市元町4-7
    【電話】0533-68-4268
    【FAX】0533-67-2212
    鈴木 康仁さん
    大正元年ごろに創業したとされる、老舗販売店の5代目店主。入店当時から、スタッフの社員登用など精力的に活動。現在は、先代からの想いを受け継ぎ、社会貢献に注力しながら、息子と二人三脚で店を切り盛りする。

代々社会貢献に取り組むことで
販売店の未来を切り拓く。

今回ご紹介するのは、JR東海道本線・蒲郡駅のすぐ近くに店を構える鈴木新聞舗です。銀行の支店だった建物を利用した店舗には、自由に新聞を閲覧できるスペースを完備。ほかにも、中日写真協会の会員が撮影した写真を展示するなど、地元に開かれた販売店として、地域コミュニティを支える存在です。
創業者は、曽祖父の清次郎さん。縁があり、中日新聞の前身の一つ、新愛知新聞をはじめ、複数の新聞を取り扱う販売店を始めます。当時、蒲郡市で初めて新聞を取り扱ったのが清次郎さんでした。戦時中は、早世した2代目に代わり、その奥様が店を切り盛り。「3代目は私の祖母に当たるのですが、とてもパワフルで豪快な人でした」と話す現在の店主、鈴木さん。戦争の最中、女手ひとつで5人の娘を育てながら、販売店を支えた鈴木さんの祖母。「幼い頃、両親に怒られた時の駆け込み寺でもあったんです」。そのため、鈴木さんは祖母から販売店の歴史などを聞いて育ちます。「中学生の頃に販売店を継ぐと決心したのも、ごく自然な流れでした」。元教師である4代目の父親からは、「勉強をして、好きな道に進みなさい」と言われますが、大学卒業と同時に販売店に入店。4年間地元を離れていたためさまざまな会合に参加し、地域とのパイプづくりに専念します。「当時は、どこへ行っても父の存在が大きかった。親を超えるハードルの高さを実感しました」。現在は父が得た信用を大切に守りつつ、行政や商工会と連携して地元のために精力的に活動。「新聞にかかわる一人として、プライドを持って社会に貢献したい」と話す鈴木さんの販売店は、これからも地域に欠かせない存在としてあり続けることでしょう。
  • 広々としたエントランスでは、自由に新聞を読んでくつろげます。

  • 実務者として活躍する息子の崇之さんと。「若い感性に期待しています!」

  • 新聞の読み方が分からない方に配布するオリジナルカバー紙。

販売店エリアのおすすめスポット

■和食の美波

【住所】愛知県蒲郡市栄町2-2
【電話】0533-68-4829
【営業時間】11:30~14:00、17:00~21:00(LO20:30)
【定休日】月曜日
今年で創業45年を迎える和食店。2代目店主が手がける料理は、地元の新鮮な魚介や野菜がふんだんに使われていて、女性を中心に話題です。中でも、1日20食限定の「懐石ランチ(1,500円・税別)」は、予約で売り切れてしまうほどの人気ぶり。御膳には 向付、椀盛、焼物など、色鮮やかな盛り付けが美しい、繊細な料理がズラリと並びます。季節ごとに内容も変わるため、リピーターが多いのも特徴。「いろいろな種類を、少しずつ食べたい」そんなお客さまの願いを叶える、特別なランチです。
  • 蒲郡駅南口から徒歩約5分。栄町交差点の少し南にある和食店。

  • 地元はもちろん、遠方から訪れるファンも多い懐石ランチ。

  • ランチタイム、ディナータイム共に席の予約が可能です。

■高野山真言宗 弘法山金剛寺

【住所】愛知県蒲郡市三谷町南山14
【電話】0533-69-7379
弘法大師を宗祖とし、高野山金剛峯寺を総本山とする高野山真言宗のお寺です。広大な敷地内には、さまざまな見所が多数。本堂の横には日本最大級のマニ塔が立ち、経文が刻まれたマニ車を時計回りに1周回すと、お経を一回読んだことになり、功徳が積めると言われています。ほかにも、三河湾国定公園を見渡す弘法山山頂には、通称「三谷の弘法さん」と親しまれている東洋一の大きさを誇る子安大師像も。安産・子授かりを願う方だけでなく、多くの参拝者の目印となっています。
  • 本堂には御朱印をいただく人の姿も多く見られます。

  • ネパールのカトマンズから運ばれた、日本最大級のマニ塔。

  • 18.78mの子安大師像の左腕には、赤ちゃんが抱かれています。