あなたの街の中日新聞販売店

今月の販売店

File No.41

中日新聞 蓮花寺専売店
前田新聞店 販売店HPリンク


住 所 三重県桑名市松ノ木1-18-1
電 話 0594-32-2112
F A X 0594-32-2120


プロフィール
前田 靖夫さん
20歳の時に実家の販売店に入店。22歳から東海地区や東京の販売店で、3年半の研修を経験。その後、実家に戻り、お客さまに向けたサービスの導入に務め、2015年2月に店主就任。

前田 靖夫さん

お客さまの笑顔を支えに、

新サービスの導入に果敢に挑戦!

今回、取材スタッフを出迎えてくれたのは、若くして店主に就任した前田さんです。「店主に就任してからはより気持ちが引き締まり、新たなスタートラインに立てた気がします」。
前田さんが切り盛りする販売店は、新聞を購読中のお客さまに向けたサービスが充実していると話題です。「研修先の店主さんからいただいた言葉、“普段から目配り、気配り、心配りをしなさい”を大切にした結果、自然と増えたのがお客さまサービスでした」。
人気スイーツのお取り寄せができる会員制度「クラブC」、電話で健康や心の相談を24時間365日できる「無料電話健康相談」、家具の移動や電球の交換などちょっとしたことでもお願いできる「お困りごとお助けサービス」等々。至れり尽くせりのサービスが、お客さまに評判です。「導入時には、私の父である先代の店主とぶつかることもありました。でも、失敗を恐れていては前に進めない、と何度も意見を交わしたんです」。
2か月に1回、季節の花の寄せ植えを届ける「お花クラブ」では、前田さんご自身が配達を担当。「季節の花をたくさん積んだ車の中は、いい香りが充満するんです。この時ばかりは、花屋さんに憧れちゃいますね(笑)」と、楽しみながらサービスを提供しています。
最近では、お客さまとのコミュニケーションにSNSを積極的に活用。最後に前田さんは、「新しいサービスを考えることが、私自身のモチベーションにつながっているんです」と笑顔で話してくれました。

社員の伊藤圭斗さんは、ヴィアティン三重に所属する現役サッカー選手でもあります。「彼の入店により、店がとても明るくなりました!」

「無料電話健康相談」の会員証。健康はもちろん、育児や介護、心の相談に、専門スタッフが電話でアドバイスをくれます。


「クラブC」のお取り寄せ注文や、配達の休止連絡などにはLINEを活用。時間帯を気にしなくていいのが利用者に好評です。

販売店エリアのおすすめスポット
■パン屋 むぎぞう

イギリスの庭園を彷彿とさせる緑豊かな庭に囲まれた、かわいいパン店。ナチュラルな雰囲気の店内には、1日60種類ほどの焼きたてパンがズラリと並びます。
「今日より明日、明日より明後日。日々鍛錬する」ことを大切にするオーナーの近藤さんは、パンを作り始めて20年のベテラン。厳選した材料を用い、ていねいに仕込まれたパンは、どれも食べる人の心に染み入るおいしさです。
店内にはイートインスペースもあり、その場で購入したパンを味わうことも。イートインスペースで定期的に開催される、花の講習会やイベントを楽しみにする人もたくさんいます。
前田新聞店が毎月発行するクーポン券に、むぎぞうの5%
OFFクーポンが掲載されているのでチェックしてください。




パン屋 むぎぞう
【住所】三重県桑名市新西方2-308
【電話】0594-23-6577
【営業時間】8:30〜19:00※売り切れ次第終了
【定休日】月曜日、火曜日


 

 

オーナー夫妻の好きなものを詰め込んだ、かわいいパン店。
朝から焼き上がるパンが、次々と店に並べられます。
近藤さんが手に持つのは、自慢の生クリーム食パン。しっとりとした生地の食感が人気です。
■イルフェボゥ

南フランスのオーベルジュをイメージした、おしゃれな一軒家レストランです。オーナーシェフの菊野さんは20代で渡仏し、パリをはじめとした現地の星付きレストランで約3年間修行。その後、名古屋の有名ホテルで洋食の修行を積んだ経歴の持ち主です。
6年前にオープンしたこちらでは、地元の農家から直接仕入れた無農薬野菜を中心に、野菜をたっぷりと使ったコース料理がいただけます。
食後には、紅茶コーディネーターの資格を持つ奥さまが厳選した紅茶も人気。南部鉄器を使い、ていねいにいれられた一杯は、豊かな香りが楽しめます。
店内奥のアトリエスペースでは、月替わりで東海エリアを中心としたアート系作家の作品を展示。常連さんにも人気のギャラリーです。




イルフェボゥ

【住所】三重県桑名市新西方3-22
【電話】0594-84-6370
【営業時間】ランチ11:30〜14:30(LO13:00)
  ※予約優先、ディーナー18:00〜21:30(LO20:00)※要予約

【定休日】水曜日

 

緑に囲まれたアプローチに、自然と期待が高まります。
こぢんまりとした店内には、テーブル席とソファ席を完備。。
毎月第一木曜日にメニューをチェンジ。写真は8月のランチの前菜。
この記事を共有する

バックナンバー

安城今池町専売店 深谷新聞店
町工場から新聞店へ…。遅咲きの店主さんを取材!今回は安城今池町専売店の深谷新聞店さんにお話を伺いました。
町工場から新聞店へ…。遅咲きの店主さんを取材!
日比野専売店  渡辺新聞舗
アメリカでの経験を活かしたお店作り。老舗の店主を取材!今回は日比野の渡辺新聞舗さんにお話を伺いました。
アメリカでの経験を活かしたお店作り。老舗の店主を取材!
北名古屋専売店 長谷川新聞舗
異業種での経験活かし仕事の制度を改革。老舗の店主さんを直撃!今回は北名古屋の長谷川新聞舗さんにお話を伺いました。
異業種での経験活かし仕事の制度を改革。老舗の店主さんを直撃!
渡辺新聞店
水害がキッカケに…地域の繋がりを大切にする渡辺新聞店を直撃!今回は福井市にある花堂専売店さんにお話を伺いました。
水害がキッカケに…地域の繋がりを大切にする渡辺新聞店を直撃!
前田新聞店
斬新なサービスを果敢に導入!新進気鋭の若手店主を直撃取材。今回は三重県桑名市の蓮花寺専売店さんにお話を伺いました。
斬新なサービスを果敢に導入!新進気鋭の若手店主を直撃取材。
多治見両藤舎専売店
お店を継いだきっかけは宝塚?老舗店主の意外な経歴に迫る。今回は多治見市の多治見両藤舎専売店さんにお話を伺いました。
お店を継いだきっかけは宝塚?老舗店主の意外な経歴に迫る。
ページの先頭へ