あなたの街の中日新聞販売店

今月の販売店

File No.27

中日新聞 富士松専売店
塚本新聞店


住 所 愛知県刈谷市今川町1-3061
電 話 0566-36-1155
F A X 0566-36-2889


プロフィール
塚本 康義さん
富士松専売店の長男として誕生。実家である販売店に入店後は、何事も自ら率先して動くことを心がけ、慣れない仕事にも熱心に打ち込む。2012年、2代目の店主に就任。

塚本 康義さん

好きなことに熱中しながらも

仕事に奮闘する両親の背中を感じた学生時代。

トヨタ自動車の関連企業の大きな建物と、のどかな田園風景が入り交じる刈谷市。塚本さんは、その刈谷市北部に位置する富士松専売店の長男として生まれます。 「小学校から帰ると、夕刊を配達する母親の車に同乗するなど、働く両親の背中を見て育ちました」。そう話す塚本さんですが、両親から「仕事を手伝いなさい」や「販売店を継ぎなさい」といった言葉を聞いた記憶はないそうです。 「中学時代は陸上競技、大学時代にはスキーに打ち込むなど、学生生活を満喫していました」。しかし、大学卒業後は迷わず実家の販売店への入店を決めたそう。 「それはごく自然な流れで、特別なことではなかった。それに対して、両親も特別な反応はしなかった……。それほど、自然なことだったんです」。大学卒業まで、販売店への入店を特別に意識したこともなかったと言いますが「がんばって働く両親の姿を近くで見ていたので、やはり意識の片隅にはその気持ちがあったのかもしれません」

若手はもちろんベテラン勢も一緒になって、販売店を支えます。



2015年3月1日にホテルクラウンパレス知立で開催された「50周年祝賀会」の様子。スタッフの笑顔が販売店、地域を明るく盛り上げます!



活気にあふれる事務スペース。近所の方が自ら栽培した農作物のお裾分けに訪れることも多いそう。



10年以上の経験を持つ「折込の達人」と呼ばれるスタッフたち。



この美しい仕上がりは、どこの販売店にも負けない自信あり!


寡黙な父が残してくれた言葉を大切に

地域のため、従業員さんのためにがんばります。

大学卒業と同時に販売店に入店した塚本さん。それまで仕事の手伝いは、ほとんどしてこなかったそう。最初は苦労も大きかったのでは……と尋ねたところ「仕事自体はそれほど抵抗ありませんでした。ただ、従業員さんとの関係にはしばらく戸惑いました」。
入店前までは「店主の息子」だった塚本さんも、入店後は「仕事仲間」。本人はもちろん、周囲のスタッフたちもその距離感に戸惑ったそう。それも「とにかく仕事を早く覚えて、自ら率先して動く」ことを意識した結果、その距離もほどなく感じなくなったと言います。
一通りの仕事も覚え、一人前の販売店スタッフとして仕事に精を出す塚本さん。両親から「跡継ぎ」という言葉が出てきたタイミングは? 「実は、父が他界するまで、跡継ぎを意識することは全くありませんでした。生前の父はとても寡黙で、仕事についても言葉で教えてもらうようなことはなかったんです」
そんな父・俊幸さんの思い出を尋ねると「父が亡くなる直前に残してくれた言葉“ゆとりを大切にしなさい”を大切にしています」。この言葉の持つ意味と創業50年の歴史を実感しながら、塚本さんは2代目店主として、地域とお客さま、スタッフのためにがんばっています。

「私たちスタッフに対する思いやりのある、温厚な方でした」先代の思い出を語る、勤続19年目の中山さん。

刈谷市のレディースバトミントン大会で、No.1に輝いた加藤さん(写真右)をはじめ、塚本さん自慢のスタッフばかり。


新聞に掲載された記事を、額縁に入れてプレゼント。8年前にスタッフのアイデアで始めたサービスです。

各地域の町内会長や学校から情報を集め、月に1回発行する「くらしの伝言版」。地域と関係を築くのにも一役買っています。


OBを含む中日ドラゴンズの選手を迎えて開催する「少年野球教室」。会場の準備やボール拾い、写真撮影などは塚本さんと従業員さんが行っています。毎回、応募が殺到する人気のイベントです。




「きしめん」のルーツといわれる「芋川うどん」は絶品です!

「販売店にほど近い店、「きさん」でいただく「芋川うどん」がお気に入り。江戸時代に東海道随一と評判を呼んだ食べ物で、塩を使わず手打ちで平たくした麺です。もっちりとした食感と、小麦粉本来の風味が絶品。何度も食べたくなる味です」

【SHOP DATA】
「石臼碾きそば きさん」
 住所●愛知県刈谷市一ツ木町7-14-1
 電話●0566-27-8537



私の気に入り

私が食べているのは「キジめん」。以前はキジ肉を使用していたそうですが、入手困難となった現在は鶏肉を使っています。

バックナンバー

白雲堂新聞店
新聞文化を守りたい!新たな取組に挑戦する若き実務者を直撃!!今回は岐阜県郡上市の白雲堂新聞店さんにお話を伺いました。
新聞文化を守りたい!新たな取組に挑戦する若き実務者を直撃!!
安城今池町専売店 深谷新聞店
町工場から新聞店へ…。遅咲きの店主さんを取材!今回は安城今池町専売店の深谷新聞店さんにお話を伺いました。
町工場から新聞店へ…。遅咲きの店主さんを取材!
日比野専売店  渡辺新聞舗
アメリカでの経験を活かしたお店作り。老舗の店主を取材!今回は日比野の渡辺新聞舗さんにお話を伺いました。
アメリカでの経験を活かしたお店作り。老舗の店主を取材!
北名古屋専売店 長谷川新聞舗
異業種での経験活かし仕事の制度を改革。老舗の店主さんを直撃!今回は北名古屋の長谷川新聞舗さんにお話を伺いました。
異業種での経験活かし仕事の制度を改革。老舗の店主さんを直撃!
渡辺新聞店
水害がキッカケに…地域の繋がりを大切にする渡辺新聞店を直撃!今回は福井市にある花堂専売店さんにお話を伺いました。
水害がキッカケに…地域の繋がりを大切にする渡辺新聞店を直撃!
前田新聞店
斬新なサービスを果敢に導入!新進気鋭の若手店主を直撃取材。今回は三重県桑名市の蓮花寺専売店さんにお話を伺いました。
斬新なサービスを果敢に導入!新進気鋭の若手店主を直撃取材。