あなたの街の中日新聞販売店

今月の販売店

File No.01

中日新聞 新清洲専売店
阿知波 新聞店


住 所 愛知県清須市土田1-5-1
電 話 052-401-6761
F A X 052-401-6762


プロフィール
阿知波 重尚 さん
約3年間の外資系企業勤めを経た後、愛知県内の販売店で修業を積み、2005年に新清洲専売店の店主となる。一番大切にしているのは「コミュニケーション」。

  阿知波 重尚さん

「新聞」を通して
たくさんの「笑顔」を創造したい!!

清須市内新清洲地区の新聞配達を担当しているのが、ここ阿知波新聞店。1975年生まれの阿知波重尚さんが店主を務めています。店主としてはまだ若い彼の店では、中日新聞の配達以外にも実にさまざまなサービスを実施しています。「もっとお客さまに喜んでもらいたい。その一心で、スタッフとさまざまな意見やアイデアを出し合いました」。その結果、雑誌やミネラルウォーターの配達、自宅まで古紙回収に行く、地域の情報をメールで発信するなどのサービスが生まれたのです。地元密着ならではのきめ細やかなサービスは、お年寄りはもちろん、若いファミリーにも喜ばれています。

阿知波さんと元気いっぱいのスタッフたち。笑顔があふれる明るい雰囲気で、地域を支えます!

清掃などのボランティア活動で
地域とのコミュニケーションもバッチリ!

阿知波新聞店でまず目に飛び込んでくるのが「よろこびの木」です。「お客さまはもちろん、スタッフ同士のコミュニケーションを図るため、2年前からはじめました」。スタッフがお客さまからいただいたひと言、一緒に働くスタッフへの感謝の気持ちなど、いろいろな「よろこび」がしたためられたメッセージカードが、大きな木のように壁に貼られています。ほかにもスタッフが自由にアイデアを出せる投函箱を設置。地域の清掃活動やグリーンカーテン活動など、投函箱に投稿されたものが実際に行われています。そのような活動を通して、地域との結びつきをさらに強めているのです。

約2年で大きく成長した「よろこびの木」。これからもグングンと育ってくれることでしょう!



地域の憩いの場として

いろいろなイベントも開催!

新聞販売店の枠を飛び越えて、さまざまな挑戦を続ける阿知波さん。最近では、キッズ向けのイベントを不定期で開催しています。「塗り絵教室やカレンダー作りを通して、気軽に足を運んでもらえる店にしたい。店の入口には、観光案内や地域の情報が紹介されたチラシも設置しています。小さなことでも、何かお力になれるかもしれません。ぜひお声がけください」。店を地域に開放することで、地域の方々の意見をさらに取り入れる―阿知波新聞店はことしもさらに進化を続けます。

配達は、街の道を知り尽くした配達スタッフを中心に35名の元気なスタッフが担当しています。「毎朝、安全&確実をモットーに、心のこもった新聞をお届けします」

バックナンバー

白雲堂新聞店
新聞文化を守りたい!新たな取組に挑戦する若き実務者を直撃!!今回は岐阜県郡上市の白雲堂新聞店さんにお話を伺いました。
新聞文化を守りたい!新たな取組に挑戦する若き実務者を直撃!!
安城今池町専売店 深谷新聞店
町工場から新聞店へ…。遅咲きの店主さんを取材!今回は安城今池町専売店の深谷新聞店さんにお話を伺いました。
町工場から新聞店へ…。遅咲きの店主さんを取材!
日比野専売店  渡辺新聞舗
アメリカでの経験を活かしたお店作り。老舗の店主を取材!今回は日比野の渡辺新聞舗さんにお話を伺いました。
アメリカでの経験を活かしたお店作り。老舗の店主を取材!
北名古屋専売店 長谷川新聞舗
異業種での経験活かし仕事の制度を改革。老舗の店主さんを直撃!今回は北名古屋の長谷川新聞舗さんにお話を伺いました。
異業種での経験活かし仕事の制度を改革。老舗の店主さんを直撃!
渡辺新聞店
水害がキッカケに…地域の繋がりを大切にする渡辺新聞店を直撃!今回は福井市にある花堂専売店さんにお話を伺いました。
水害がキッカケに…地域の繋がりを大切にする渡辺新聞店を直撃!
前田新聞店
斬新なサービスを果敢に導入!新進気鋭の若手店主を直撃取材。今回は三重県桑名市の蓮花寺専売店さんにお話を伺いました。
斬新なサービスを果敢に導入!新進気鋭の若手店主を直撃取材。