中日新聞ほっとWeb HOME > おでかけガイド

地域イベント
中日新聞の人気コーナー“おでかけガイド”から、
選りすぐりのイベントをご紹介!

5月のガイド
2019年05月08日 更新

印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション

9日(火)~5月26日(日)、名古屋市中区栄の市美術館。ミレー、モネ、ルノワール、ゴッホ、ピカソ、シャガールなど、吉野石膏コレクションが所蔵する優れた近代西洋美術作品の数々を紹介。一般1300円、高大生900円、中学生以下無料。
(問)同館=052(212)0001

徳川将軍ゆかりの名刀

14日(日)~6月2日(日)、名古屋市東区の徳川美術館。尾張徳川家が徳川将軍家から拝領した国宝9振り、重要文化財13振りを含むゆかりの名刀全115振りを公開する。展示替えあり。月曜(祝日の場合は翌日)休館。4月30日(火・祝)は開館。一般1400円、高大生700円、小中学生500円。毎週土曜は小中高生無料。
(問)美術館=052(935)6262

ロイヤルコペンハーゲンのアール・ヌーヴォー

20日(土)~8月25日(日)、名古屋市東区のヤマザキマザック美術館。デンマークの歴史ある陶磁器メーカー、ロイヤルコペンハーゲンが19世紀末から20世紀初頭に釉下彩という技法で生産した、犬や猫をはじめとする動物をかたどった磁器作品を紹介する。一般1300円、小中高生600円。
(問)同館=052(937)3737

没後60年 北大路魯山人

27日(土)~6月9日(日)、愛知県碧南市の市藤井達吉現代美術館。北大路魯山人ゆかりの料亭として知られる八勝館が所蔵する作品と世田谷美術館の塩田コレクションを中心に、同時代の陶芸家たちの作品や中国大陸、朝鮮半島、日本の古陶磁もあわせて展示。会期中一部展示替えあり。月曜休館(ただし29日は開館)。一般900円、高大生600円、小中生400円。
(問)同館=0566(48)6602

改元記念企画展「元号と宸筆(しんぴつ)」

6月30日(日)まで、三重県桑名市博物館。元号に関する資料と天皇の書跡である「宸筆」のコレクション、計90件から日本史を読み直す。5月1日(水・祝)後1・30、展示担当者による解説会を開催。入館料は高校生以上150円。18日(土)後1・30、市立中央図書館でセミナー「展覧会『元号と宸筆』の楽しみ方」(無料)もある。
(問)市博物館=0594(21)3171

恵那山ウェストン祭

11日(土)前10・30、岐阜県中津川市中津川の恵那山ウェストン公園。1893年5月11日に、初めて外国人として恵那山に登ったウォルター・ウェストン像の前で、登山シーズンの安全を祈願する。恵那文楽の公演、ウェストンココアや五平餅の振る舞いもある。
(問)市観光センター=0573(62)2277

長良川鵜飼開幕

11日(土)、岐阜市の長良川。金華山や岐阜城を背景に、清流長良川で鵜匠が鵜を操って川魚を捕らえる伝統漁法を披露する=写真、昨年。1300年の歴史がある。昨シーズンは豪雨や相次ぐ台風の影響で乗船客が大きく落ち込んだことから、関係者は今季の巻き返しに向けて準備を整えている。10月15日(火)まで。
(問)市鵜飼観覧船事務所=058(262)0104
長良川鵜飼開幕=昨年
長良川鵜飼開幕=昨年

百万石の美術骨董(こっとう)市

14日(火)~19日(日)前10~後5(最終日は後4)、金沢市広坂のしいのき迎賓館。今年7回目。
(問)金沢古物商組合
(古美術 大谷)=076(221)3320

第28回若狭・三方五湖ツーデーマーチ

18日(土)、19日(日)、福井県若狭町の名所を巡り歩く。いずれも同町北前川の「若狭さとうみパーク」が発着点。初日は40、20、10、5㌔の4コースで、20㌔以上のコースは日本遺産の熊川宿を通る。2日目は35、20、10、5㌔の4コースで、三方五湖周辺を巡る。当日でも会場で参加申し込みができ、一般2200円、中学生以下が1100円。同町、日本ウオーキング協会など主催。
(問)若狭町=0770(45)9118

「怪談王」東海地区予選

19日(日)後6、名古屋市中区栄4のライブシアター金色鮫。怪談の語り手が話の怖さを競うイベント「怪談王」の東海地区予選。本大会は8月に開催。観覧料は1ドリンク付きで2500円。
(問)同館=konjikizame@gmail.com

ONSEN・ガストロノミーウオーキングin中津川 蛭川なんじゃもんじゃ祭り

19日(日)前9・15、岐阜県中津川市蛭川のひとつばたご広場集合。途中のポイントで地酒、鶏(けい)ちゃん、五平もちといった地元グルメを味わいながら「なんじゃもんじゃ」の異名があるヒトツバタゴの花や花こう岩の彫刻などを巡って9・4㌔を歩く。温泉入浴券付きで一般3500円、小学生3000円。12日(日)締め切り。
(問)市蛭川総合事務所=0573(45)2211

日本チェンソーアート競技大会in東栄

25日(土)前9~後5、26日(日)前8・30~後5、愛知県東栄町本郷の東栄ドームと隣接の花祭会館の2会場。2001年から続く国内最大級のコンテスト。約40人の選手がチェーンソーで丸太を刻み、彫刻作品に仕上げる=写真、17年。制作の様子を一般公開し、作品は審査の後、オークションで即売される。体験教室や特産品の販売もある。
(問)町経済課=0536(76)1812
日本チェンソーアート競技大会=昨年
日本チェンソーアート競技大会=昨年

フィールドスタイル ピクニック

25日(土)、26日(日)前9~後6(26日は後5)、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園。会場内三つのエリアにアウトドアやライフスタイルに関するブースが約150以上出展。各種イベント、エコや防災についてのブースもある。当日券500円。小学生以下無料
(問)事務局=0565(28)0170

小原歌舞伎五月(さつき)公演

26日(日)前11~後4、愛知県豊田市永太郎町の小原交流館「ザ・小原座」。江戸時代中期に神社に奉納する地芝居として始まった農村の芸能。1、3幕目は小原歌舞伎保存会による演目、2幕目は子ども歌舞伎による「菅原伝授手習鑑 吉田社頭車曳」を予定。入場無料。
(問)小原交流館=0565(65)3711

大垣まつり

11日(土)、12日(日)前8・30~後9、岐阜県大垣市の中心市街地一帯。大垣八幡神社の例大祭。370年の伝統があり、2016年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に「山・鉾(ほこ)・屋台行事」で登録。11日は前9・30から市役所前で掛芸。12日は本楽で前8・45から同神社で奉芸、後4・20から駅通りで行列。両日後7から軕(やま)のちょうちんに点灯して夜宮がある。
(問)大垣観光協会=0584(77)1535

お旅まつり

10日(金)~12日(日)、石川県小松市土居原町のJR小松駅周辺。加賀前田家3代利常が小松城に隠居した際、莵橋(うばし)、本折日吉両神社のみこしが繰り出し、小松城門前で藩主前田家の平恩と武運長久を祈願したのが始まり。期間中、大文字町と京町の豪華絢爛(けんらん)な曳山(ひきやま)で子供歌舞伎上演、11日(土)後3~8・30に細工町交差点で曳山5基の曳きぞろえ=写真、昨年=が見もの。
(問)市観光文化課=0761(24)8195
お旅まつり=昨年
お旅まつり=昨年

高田祭

18日(土)、19日(日)、岐阜県養老町の高田商店街一帯。江戸時代の1759年に始まった愛宕神社の春の例祭で、県重要文化財の3両の曳軕(ひきやま)が商店街を練る。18日は試楽で、後3に曳(ひ)き出し。夜は曳軕をライトアップ。19日は本楽で、前10に3両が神社に集結して獅子舞やからくり人形を奉納する。午後は商店街各所でも披露する。
(問)実行委=0584(32)1108

三国祭

19日(日)~21日(火)、福井県坂井市三国町の三國(みくに)神社周辺。約260年の歴史を持つ、北陸三大祭の一つ。20日(月)に最大の呼び物「武者人形山車の行列」がある=写真、昨年。巨大な武者人形を載せた山車6基が後1に巡行開始、街中を練り歩く。後6すぎに各区へ戻る「帰り山車」が露店や人の波の中を進み最高潮に。
(問)三国祭保存振興会事務局=0776(82)6400
三国祭=昨年
三国祭=昨年

売比河(めひかわ)鵜飼祭

25日(土)後5、富山市婦中町島本郷、イノベーションパーク横の田島川。奈良時代に大伴家持が古歌に詠んだ売比河(現在の神通川)での鵜飼いを、愛知県犬山市から招く鵜匠2人が再現する。
(問)実行委=076(465)2494

芝桜まつり

11日(土)~6月9日(日)、愛知県豊根村の茶臼山高原。標高1300㍍を超える丘陵で、2㌶にわたり7種類、40万株のシバザクラが咲き誇る=写真、昨年。晴れた日には南アルプスの峰々や名古屋駅前の高層ビル群も一望できる。18日~6月2日の土、日曜日は日没から午後9時までライトアップする。丘陵までのリフトは片道500円、往復800円。
(問)茶臼山高原協会=0536(87)2345
芝桜まつり
芝桜まつり
募集

第8回東山動物園検定

12日(日)後1、名古屋市千種区の東山動植物園内動物会館。東山動物園公認ガイドブックの内容を中心に50問を出題。マークシート方式。対象は小学生以上で先着80人。参加費は500円。高校生以上は別途入園料が必要。検定後に動物園のガイドツアーなどを実施。申し込み・問い合わせはHP(「東山動物園くらぶ」で検索)から。

地歌舞伎鑑賞ツアー

19日(日)前7・45、名古屋市のJR名古屋駅からバスで出発。岐阜県白川町黒川の芝居小屋「東座」で地元住民による歌舞伎の「ふれあい公演」を鑑賞し、後7・40ごろに帰着。参加費は昼食弁当付きで5000円。申し込み受け付けは7日(火)~10日(金)。
(問) 農協観光可児支店=0574(62)1070

ものづくり文化再発見!ウオーキング

25日(土)前9に受け付け、順次出発=押切公園(名古屋市西区天神山町)。小雨決行。城下町の風情が残る名古屋市西区でものづくりの現場を巡る8㌔のコース。途中の津嶋神社では三輪の山車を引き回す祭礼が行われる▽押切公園(スタート)-日野屋和楽器店-津嶋神社-山勝染工-サンゲツ名古屋ショールーム-四間道-円頓寺商店街-革工房うえすと-ノリタケの森(ゴール)。参加料大人500円、中学生以下無料(保護者同伴)。当日払い。詳細はHP「ものづくり文化再発見」で検索。
(問) カーネルコンセプト=0265(21)3001
スポーツ

越前大野名水マラソン

5月26日(日)前9、福井県大野市役所を発着点に開催。ハーフ、10、5、3、2キロ、親子の部がある。ゲストランナーは渋井陽子さん。給水所やゴールに大野の名水やかき氷。発着点には手打ちそばなど地元特産物の販売コーナーも。当日前9から七間朝市、御清水、越前大野城など観光名所を巡る約1時間の「まちなか観光ウオーク」もある。
(問)大会事務局=0779(65)5592
※祭礼や催事などは変更もあります。お出かけの際は確認をお願いいたします。
上へ戻る