中日新聞ほっとWeb HOME > おでかけガイド

地域イベント
中日新聞本紙で毎月掲載される〝おでかけガイド〟から一部ご紹介します!

3月のガイド
2019年03月06日 更新

空の情景

31日(日)まで、愛知県小牧市のメナード美術館。画家たちの描いた空に注目し、四つのテーマから、時間や季節による各地の空の特徴や制作の秘密に迫る。月曜休館。一般900円、高大生600円、小中生300円。
(問)同館=0568(75)5787

特別展「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」

4月7日(日)まで、名古屋市瑞穂区瑞穂通の市博物館。歌川国芳の武者絵を中心に、月岡芳年ら彼の弟子たちの作品も紹介する展覧会。幕末から明治にかけ、国芳の個性が弟子たちにどのように継承され、変化していったかを、同館所蔵の浮世絵150点によってたどる。8日(金)、16日(土)各日午後1:30、学芸員による展示説明会。月曜、第4火曜休館。一般1,300円、高大生900円、小中生500円。
(問)同館=052(853)2655

夢童由里子の世界展

9日(土)~24日(日)午前9:00~午後4:30(最終入場は午後4:00)、名古屋市中区本丸の名古屋城本丸御殿。本丸御殿の復元をいち早く提唱し、市民運動を主導するも完成を待たず2015年3月に他界した人形/造形作家・夢童由里子さんの作品展。大型からくりモニュメントなど約40点が集結。本展の観覧は無料だが、名古屋城への入場料(高校生以上500円、中学生以下無料)が別途必要。
(問)中日新聞社会事業部=052(221)0955

第10回美濃クラシックカーフェスタ2019

10日(日)午前10:00~午後2:30、岐阜県美濃市中心部のうだつの上がる町並み。1979年以前に生産されたクラシックカー100台が全国から集結。町並み内でパレードし、車両を展示する。
(問)市観光協会=0575(35)3660

永保寺宝物公開

15日(金)午前9:00~午後3:00、岐阜県多治見市虎渓山町の永保寺。開山堂と観音堂(いずれも国宝)の内部をはじめ、寺が所有する仏画や墨跡などを公開。歴代の師家の肖像もそろえる。室町時代前期の作と伝わる県重要文化財の涅槃(ねはん)図の絵解きや法話も。
(問)永保寺=0572(22)0351

特別展「血液ツアーズ『人体大解明の旅』」

16日(土)~6月2日(日)、名古屋市中区の市科学館。人体を流れる血液とともに「旅をする」構成で、旅先となる人体各部の仕組みや働きを体験型展示で学ぶ。当日券一般1,200円、高大生700円、小中生500円。前売り券は各200円引き。3月15日(金)まで中日新聞販売店などで販売中。名古屋大大学院医学系研究科協力による関連催事(事前申し込み制)も多数。
(問)同館=052(201)4486

養浩館庭園ライトアップ

16日(土)、17日(日)午後6:00、福井市宝永3の養浩館庭園。早春の恒例行事。庭園内の池が鏡のように樹木などを映し出し、約300個の手作りあんどんも並ぶ。庭園は福井藩主松平家の別邸で国の名勝。
(問)宝永公民館=0776(22)0036

高校生の和太鼓チームが競演

17日(日)午後1:00~4:20、愛知県東栄町本郷の東栄ドーム。「『絆』交流プロジェクト」と題し、2015年から続く和太鼓フェスティバル。県内8高校と地元の東栄小、町に拠点を置くプロの和太鼓集団「志多ら」など総勢300人近くが出演し、最後に全員で演奏する。運営協力費1,000円(高校生以下と障害者無料)。
(問)町振興課=0536(76)0502
和太鼓フェスティバル=昨年
和太鼓フェスティバル=昨年

第200回河川文化を語る会

17日(日)午後2:30、三重県桑名市中央町のNTNシティホール。伊勢湾沿岸の海、川を使った物流の歴史について、日本福祉大の曲田浩和教授が「江戸時代の環伊勢湾経済圏と特産物流通」と題して講演する。無料。ファクス、郵送、電子メールのいずれかで事前に申し込む。残席があれば当日参加も可。
(問)日本河川協会「河川文化を語る会」事務局=03(3238)9771

ほたるいか海上観光

21日(木・祝)~5月6日(月・休)、富山県滑川市の富山湾。幻想的にきらめくホタルイカの漁を観光船から見学する。完全予約制で大人5,000円、小中学生3,000円(未就学児は乗船不可)。詳細はホームページで。
(問)観光船受付係=076(476)9307

能登雪割草まつり・門前そばの市

23日(土)、24日(日)午前10:00~午後3:00、石川県輪島市門前町の門前総合支所、総持寺通り、猿山岬周辺。奥能登に春を告げるユキワリソウの展示、即売会や、特産・門前そばの飲食ブースなどが出店。
(問)振興協議会=0768(42)1111

常盤座歌舞伎保存会定期公演

31日(日)午前11:30、岐阜県中津川市高山の常盤座。子ども歌舞伎教室の小学生らの「寿曽我対面 工藤館の場」、保存会員による「義経千本桜 吉野山道行の場」など4題を上演する。神戸市の神戸農村歌舞伎保存会も出演。無料。
(問)福岡公民館=0573(72)2144

かんべの寝釈迦(ねじゃか)まつり

9日(土)~11日(月)、三重県鈴鹿市神戸の龍光寺(りょうこうじ)。室町時代の画僧・吉山明兆(きっさん・みんちょう)が描いたとされる16畳ほどの大涅槃(ねはん)図を開帳する。参道には植木など露店も。
(問)龍光寺=059(382)1189

時又初午(はつうま)はだか祭り

10日(日)午後1:00、長野県飯田市時又。長石寺で護摩祈とうを受けた白馬やわら馬、酒だるなどをかたどったみこしを担いだ下帯姿の若者たちが、地区内を勇壮に練った後、天竜川の流れに入り込み、冷水を浴びながら盛んに気負う。
(問)飯田観光協会=0265(22)4851

古戸(ふっと)のしかうち神事

10日(日)午後1:00~2:00、愛知県東栄町振草古戸の八幡神社。豊作や子孫繁栄の祈りと狩猟の儀礼が複合した農民信仰の儀式。宮人(みょうど)と呼ばれる3人の射手が、スギの枝葉で作った雌雄2体のシカに矢を放つ。参列者には縁起物の小豆飯の団子が配られる。
(問)町教委社会教育係=0536(76)0509

田縣(たがた)神社の豊年祭

15日(金)、愛知県小牧市の田縣神社。男性器をかたどった木彫りの大男茎形(おおおわせがた)を本殿に奉納する。大男茎形が本殿に到着するのは午後3:30ごろ。
(問)田縣神社=0568(76)2906
田縣(たがた)神社の豊年祭=昨年
田縣(たがた)神社の豊年祭=昨年

左義長まつり

16日(土)午後1:00~5:30、17日(日)午前10:30~午後10:40、滋賀県近江八幡市の日牟礼八幡宮。色鮮やかな十数基の左義長には穀物や海産物で造られた、その年の干支(えと)にちなんだ「ダシ」が据え付けられている。16日午後、神社を出発し町内を練り歩く。17日は左義長同士のぶつかり合いも繰り広げられ、後8ごろから境内で燃やされる。
(問)近江八幡駅北口観光案内所=0748(33)6061
左義長まつり=昨年
左義長まつり=昨年

足健康祭(足まつり)

17日(日)、午前9:30、愛知県豊田市足助町宮ノ後の足助八幡宮。わらで編んだ「大ぞうり」のみこしを地元高校生が担いで足助の町を巡行し、八幡宮に奉納する。足腰の健康を願う一般の昇殿参拝は、午前10:30~午後2:00、大人1,000円(お守り付き)。
(問)足助観光協会=0565(62)1272

おいで祭り

18日(月)~23日(土)、石川県中能登地方。能登路に春の訪れを告げる平国祭(へいこくさい)。一行は神馬を先頭に、羽咋市の気多大社を出発し、志賀町、七尾市、中能登町を巡行。ひづめの音とともに季節の移り変わりを知らせる。祭りは気多大社の祭神の大国主命(おおくにぬしのみこと)が大蛇を退治して一帯を平定した伝承にちなむ。
(問)気多大社=0767(22)0602

売木のお練り祭り

21日(木・祝)午前9:30、長野県売木村役場前から神官を先頭にしたみこしや大太鼓、小太鼓、笛、五色旗、花などの行列が出発。村内の太田稲荷神社まで練り歩く。道中では、着飾った若者が伝統の所作で太鼓を打ち鳴らす。神社境内で神事の後、投げもちがある。
(問)売木村教委=0260(28)2677
スポーツ

新城ラリー2019

16日(土)、17日(日)、愛知県新城市の県営新城総合公園(メイン会場)。ラリーカーが参戦してタイムを競う。トップドライバーによるデモ走行や同乗体験、レースクイーン撮影会、地元の物産販売も。
(問)ラリー支援委=0536(23)7621
新城ラリー=昨年
新城ラリー=昨年

早春淡墨桜浪漫ウオーク

16日(土)、17日(日)、愛知県一宮市・真清田神社-岐阜県本巣市・淡墨桜。16日は60キロの長距離コースと途中から合流する30キロ、13キロ、5キロの各コース。17日は本巣市根尾地域の文化財などを訪ねる23キロ、12キロの2コース。参加費(事前申し込み)は、60キロ一般2,500円、18歳未満1,200円、30キロ・13キロ・5キロ一般1,500円、18歳未満600円、23キロ・12キロ一般1,000円、18歳未満500円。事前申し込みは2月28日(木)まで。
(問)実行委事務局(本巣市教委社会教育課)=058(323)7764

全国高校剣道選抜大会

27日(水)、28日(木)午前9:00、愛知県春日井市総合体育館。全国の予選を勝ち抜いた男女各64校がトーナメントで頂点を目指す、同市提供。入場料は大人1日1,200円(前売り800円、2日間通し券1,500円)、高校生以下1日700円(前売り400円、2日間通し券750円)、小学生以下無料、通し券は前売りのみ。前売りは22日(金)まで、チケットぴあで販売。開会式は26日(火)午後4:30、同体育館で。入場無料。
(問)全国高校剣道選抜大会県実行委=052(481)0093
全国高校剣道選抜大会=昨年
全国高校剣道選抜大会=昨年

全国還暦マラソン椛(はな)の湖2019

4月14日(日)午前10:00、岐阜県中津川市上野の椛の湖オートキャンプ場スタート。男子は還暦、60代、70歳以上、女子は還暦、50代、60代、70歳以上の7部門あり、湖畔などを巡る6キロを走る。参加料3,500円(オリジナル還暦マラソンTシャツ付き)。3月1日(金)締め切り。
(問)中津川市坂下総合体育館内実行委=0573(75)3335
募集

彦根にゃんといいまちロゲイニング大会参加者募集

24日(日)午前10:30~午後2:30、滋賀県彦根市の彦根城周辺。当日配布する地図を使って、彦根城を中心に観光スポットを4時間の制限時間内に歩いたり走ったりして回り、写真撮影をする。所要時間と写真撮影でポイントを獲得する。受け付けは午前9:00から。申し込みは8日(金)までで、先着100組。参加料高校生以上2,500円、中学生以下1,250円、未就学児無料。
(問)彦根観光協会=0749(23)0001

田舎暮らし塾

愛知県豊根村富山(旧富山村)の地域おこし組織・とみやまの里が、都市部の人を対象に4月から来年3月まで計6回(毎回1泊2日)開催。内容は山菜採りとシイタケの菌打ち、梅漬けとミツバチの巣箱作り、ハチミツ搾りとトチの実拾い、トチ餅とゆべし作り、五平餅作り、炭焼きなど。定員(年間を通して参加できる20歳以上の18人)になり次第締め切る。参加費は各回9,800円。ホームページでも案内中。
(問)とみやまの里=0536(89)2007
※祭礼や催事などは変更もあります。お出かけの際は確認をお願いいたします。
上へ戻る